FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ラストキャバレー
ラストキャバレー半分ラストキャバレーラストキャバレー DVD
1988.04.23公開 カラー/ワイド/78分/ 製作=ニュー・センチュリー・プロデューサーズ 配給=にっかつ
監督/金子修介 脚本/じんのひろあき 企画/作田貴志、松井進 プロデューサー/海野義幸
撮影/高間賢治、塩谷真 照明/渡辺幸一 美術/丸尾知行 選曲/石井ますみ 編集/冨田功  助監督/栃原広昭
出演/かとうみゆき、大地康雄、高樹陽子、橋本杏子、渡辺航、風祭ゆき、岡本麗、橘雪子、江崎和代

★★★★★ かとうみゆきが可愛い! 金子修介監督の最高傑作かも。

まー!かとうみゆきの可愛いことと言ったらもーっ!!
にっかつロマンポルノ終了直前に製作・公開された本作は時代の流れで閉店するキャバレーの姿にロマンポルノ終焉の姿をオーバーラップさせつつ歴代のポルノ女優も集まって切なくも華々しい佳作となっている。
個人的に金子修介監督の作品は苦手なのだが、少し前に100円レンタルで観たデビュー作の「濡れて打つ」も面白かったし、一般作よりもポルノの方が相性が良いのではないかと思う。
話的には結構ドロドロな部分もあるのだが監督特有のチープでうそ臭い軽いノリが逆に毒気を抜いてくれて明るいファンタジーにさえ見えたりする。
カワイコちゃんを引っ張ってきて可愛く撮るのは上手い監督なのでずっとポルノばかり作ってきたら良かったのに・・。
しかし、まーっ!かとうみゆきはカワイイっ!!とくに後半可愛くなる。
テレビドラマ「毎度おさわがせします」でデビューした彼女を引っ張ってきて脱がせてくれただけでも監督にはありがとうと言いたい。濡れ場はそんなに多くはないけれど。
エロホステス役の橋本杏子も美人でたまらん。


ラストキャバレー ラストキャバレー

?あらすじ?

一時代を築いた大地康雄経営のキャバレーも時代の流れなのかピンサロや抜きキャバに客を取られ、さらに大型デパートの駐車場用地として地上げされ遂に閉店が決まった。そんなとき抜きキャバから流れてきたホステス橋本杏子がやってきて入店初日に客席でいきなり本番!
それが評判を呼び近所の女子大生も入店し店は一気にエロエロ!かつての活気を取り戻し大地康雄はご満悦。でも店は二週間後には閉店する。
そんな大地康雄の一人娘女子高生のかとうみゆきはファザコンだ。キャバレーの二階が自宅でもうじきこの家を出なければならない。父娘の二人暮しだったが娘にマンションを買い父はどこかへ行くと言う。
昔のホステスと暮らすのだろうと思い気になり探り始めるが、現在の大地康雄はそんなにモテず、また何処かでキャバレーを開くつもりだと言うことが分かりファザコンかとうはほっと一息しつつ本人は大学生とEー仲に。
そして最終日、キャバレー閉店パーティーは盛り上がり一人去っていく父を見送りかとうみゆきは大学生の胸に飛び込み、ファックの果てに絶頂!
そしてキャバレーもロマンポルノも終わるのだった。


(2010年4月11日(日)尾西シネラマパワー1,200円)
同時上映「奴隷契約書」
      「義母の本能 一滴残らず欲しい」

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/04/11 21:34】 | 「ら」行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
裸身の裏顔 ふしだらな愛
裸身の裏顔 ふしだらな愛
<第22回ピンク映画大賞 2009年度ベストテン 第7位>
2008年 60分 オーピー映画 製作:オフィス吉行 協力:ロフトプラスワン、イメージリンクス
監督:吉行由実/脚本:吉行由実 桑原あつし 撮影・照明:清水正二/編集:鵜飼邦彦
録音:シネ・キャビン/音楽:小泉Pat一郎/助監督:佐藤吏/スチール:津田一郎/現像:東映ラボ・テック
出演:Amu 若林美保 結城リナ 千葉尚之 樹カズ 
★★★★★ 切ない傑作!

ピンク映画あなどりがたし!
監督吉行由実の名前は知っていたけれど、こんなに凄い映画を撮る人だったとは!もう切ない切ない。
女優さんも三人とも美人で魅力的だが、個人的には出番の少ない留美役の結城リナが一番タイプだった。男もイイ感じだし、なによりも悪人がいないのがイイ。
なんでも「冬のソナタ」へのオマージュとして作られたらしいが聞くまでわからなかった。
やや荒唐無稽で強引な話だが、こんな映画に出会っちゃうとピンク映画あなどれんなー。

ピンク映画を観始めたのは今年からでまだ二回6本だけだが、今回観た3本はみんな面白かった。だからブログ立ち上げて紹介しようと思った。
お近くの劇場でかかったら是非。もしくはCS放送などで観れたら是非!


裸身の裏顔 ふしだらな愛 場面

?あらすじ ネタバレあり?

大事なのは顔なの?
俺を振ってアメリカへ行った和子を忘れられず思い出のハメ撮りビデオ見ては涙に暮れる日々。
ある日、飛行機事故で和子が死んだと聞いて俺号泣。幼馴染の留美が慰めエッチをしてくれたけれど俺の心は和子にハートブレイク!
3年後、真理子という新しい恋人も出来たが、まだ遺体も発見されてない和子のことを忘れられずにいた。
ある日、真理子と行った芝居で和子そっくりの女優友里に出会う。友里は3年前に劇団に入り、それ以前の記憶がないと言う。ひょっとして和子が生きていたのか?
そんなとき雑誌の整形外科の広告に友里の顔を発見。友里は整形して和子の顔になった幼馴染の留美だった。
その頃、真理子は友里の今カレ甲田とカーセックスし、俺は友里とアオカン。そして留美の記憶を取り戻した友里は俺の前から姿を消す。


裸身の裏顔

(2010年3月中村映劇 ネット割引券使用1,000円にて鑑賞)
同時上映「おもらしドール 淫行の極致」監督 片岡修二
      「色っぽい義母 濡れっぱなし」監督 深町章

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/03/11 05:59】 | 「ら」行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。