FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
2010年6月26日(土) 今池地下劇場でオヤジたちと二本立て
今池地下劇場 6月25日(金)?7月1日(木)
moblog_ca54c396.jpg
ポスターでは美女が微笑んでいるが劇場内ではオヤジたちが微笑んでくる。


「熟女訪問販売 和服みだら濡れ」
  ★★★
  2010年 オーピー 監督/加藤義一 出演/青山愛、合沢萌、しじみ
「夜の手ほどき 未亡人は19才」(旧題「新・未亡人下宿 未亡人は19歳」)
  ★★★★★
  1987年 新東宝 監督/渡邊元嗣 出演/新田恵美 橋本杏子 水野さおり 秋本ちえみ


●そこは今池地下劇場●

名古屋市内に三館ある成人映画館のうち今池地下劇場だけ行ってなかった。
一度くらいは行かねばなるまい。
新東宝とオーピーの新作二本立てで番組はいつもなかなか良いし900円均一とお手ごろ価格だし、立地条件も地下鉄東山線という一番メジャーな路線の中心地区に属する名古屋アンダーグラウンドの聖地とも言える場所「今池」の地下鉄直結の地下街にあり非常に行きやすい場所なのだが、劇場は異常に入りにくい。
そこはホモのメッカとして有名なところ。

●納屋橋の悪夢●

かつて名古屋市内には東宝直営の「納屋橋劇場」という映画館があり、邦画の最近の話題作と「鞍馬天狗」だの「駅前旅館」だのと言った懐かしの名作、それとロマンポルノの三本立てを一週間交代で安値で上映していた。
番組は常に良かったが、そこに集まる人は映画を観に来るのではなくホモの社交場として場内で交渉したりプレイしたりして超満員の劇場だった。噂では東宝直営館の赤字をこの劇場で補っていたとか。
そんなホモの溜まり場とは知らずに五社英夫の「薄化粧」市川昆の「ビルマの竪琴」相米信二の「ラブホテル」と言う、かなり凄い三本立てのときに観に行った。『あぶない映画館』とは聞いていたがヤクザとかそう言った人たちが行く映画館なのかと思っていたが、まさか同性愛者のプレイスポットだとは思いもしなかった。
当時20そこそこだった私は大人気。逃げても逃げても触られまくり、それでも三本観切ったが二度とそこには行かなかった。

●ポスト納屋橋か!?●

どうも今池地下劇場はそんな同性愛者たちのプレイスポットの香りがする。
そう思って敬遠していたのだが、名古屋で新作を観られるのはココと南映だけで南映はちょっと遠いし入場料も高めで上映期間も3日?5日ぐらいと短い。今池地下は番組がとにかく魅力的だし、思ったほど酷い状況でなければ今後とも利用したいと思って、今回なかなか良い番組だったこともあり意を決して行ったのだが・・・。
・・・思ったほど酷い映画館だった・・・。

●うごめくオヤジたち●

120席ぐらいの小じんまりとした劇場だったが、ほぼ満員。客席は6割ぐらい埋まっていたが通路に30人くらいいる。廊下っぽいロビーがあるようでそこにも20人くらいはいたと思う。
とにかく常にうごめいている。見た目は60くらいの頑固オヤジたちである。
なんだか白いキャップを被ったオヤジが目立つ。そんなオヤジたちが椅子に座っては隣のオヤジに寄りかかり胸をまさぐりチンコを吸っている。
入ったのが土曜日の昼と言うのもいけなかったのかもしれない。それなりに事情があってこの時間に入ってしまった。幸運にも通路側の椅子が空いていて隣の席には荷物を置いてガードしながら観れた。それでも強引に座ろうとするオヤジもいたが、他にも空いてる席があると促しオヤジたちの侵入を阻止しながら映画を観続けた。
それでも斜め前でカップルが成立したり、一つ置いた隣の席でチンコ吸い始めたり、真後ろでは「ピチュピチュ」言ってたり、とても映画に集中できる状態ではない。
映写状態は悪くは無かったが、スクリーンは薄汚れていて明るい場面のときなどは汚れが目立って気になった。

●所詮、私が悪い●

しかし、いくら不満に思っても、もともとここはそーいう場所。
映画を見に来ている私がおかしいのである。
でもなー、こんなん映画館じゃーないと思う。
良く行く中村映劇と比べて女装子が一人もいないし、おしゃべりもほとんどないし、タバコを吸っている人も少ない。
だけど、隣に座ってきた見知らぬ他人がいきなり寄りかかってきて身体触ってきて即尺するって風俗じゃん。いや、風俗でもここまで流れよくサービスしたりしないだろう。しかもタダだし、奴らは本気である。
そりゃーオヤジ好きのホモにとっちゃー天国だろう。でも、おかしいよ、やっぱり。
なんでポルノ映画館がそーいうスポットになっちゃったんだろう。

どんな映画かけても満員だろうに、こともあろうになかなか良い番組を組む。
それをエサにそれを口実に新規顧客を呼び込むのだろうが、もう二度と行かねー!
でもどうしても観たい映画が来たら悩む。空いている時間とかあるのかなー。

moblog_0707fabc.jpg
入り口は閑散としているがロビーも場内もオヤジたちでいっぱいだ。

(2010年6月26日(土) 今池地下劇場 900円均一)


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/06/28 20:46】 | 2010年劇場鑑賞 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<秘書監禁 なぶられ巨乳(旧題「社長秘書 巨乳セクハラ狩り」) | ホーム | 熟女訪問販売 和服みだら濡れ>>
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/08/14 14:36】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fujirusi.blog120.fc2.com/tb.php/95-4ccb9ae3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。