FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
女豹の檻 いけにえ乱交
女豹の檻 いけにえ乱交 大
2009年3月20日公開 60分 製作/旦々舎 提供/オーピー映画 インモラル
監督/浜野佐知 脚本/山崎邦紀 撮影・照明/小山田勝治 音楽/中空龍
編集/有馬潜 録音/シネキャビン 助監督/新居あゆみ スチール/本田あきら
○キャスト○
クレア…Clare、植島蛍子…佐々木麻由子、藤堂俊介…牧村耕次、オーナー…なかみつせいじ
春日道彦…荒木太郎、上村伸治…平川直大、宮本ムナシ…吉岡睦雄

★★★★ エロだらけのピンク映画らしい一本

70年代80年代によく公開されたイタリアのインモラルエロス映画のようなノリのピンク映画だった。
濡れ場はほとんど新人クレアが一人で受け持っているが、その分男優陣が豪華でピンク映画のオールスターが集い様々な変態プレイを見せる。監督は女流監督の浜野佐知、女性問題を世に問う一般作も手がけている人で視点が男とは違うがエロ描写は男顔負け。中出しされた精液を次の男がすする描写はエグイが男に出来ない描写だと思った。濡れ場満載のクレアはたまらなく良い身体をしているが顔がちょっとオバサンぽい。反面、濡れ場控えめのおばさん佐々木麻由子は超キレイだった。クレアの顔があとちょっと私好みだったら最強の映画になったのに??。


  女豹の檻 いけにえ乱交 女豹の檻 いけにえ乱交

?あらすじ(ネタバレあり)?

クレアは地下牢で目隠しされ男たちに囲まれていた。これから目くるめく快楽の宴が始まる。
女流作家の蛍子は今クレアが男たちに弄ばれていることを思うとまんじりともできない。しかし、快楽の宴が終わればクレアは蛍子のもとにやって来て全てを語るのだろう。レズビアンの蛍子にとって嫉妬にさいなまれながらも創作意欲を刺激する瞬間だった。
クレアと蛍子との出会いは偶然によるものだった。
創作に行き詰まった蛍子は散歩中神社でフランスからの留学生クレアに出会う。クレアは人類学の研究者で古代社会において、見知らぬ旅人に大切なもの、時には妻や娘の身体さえも提供する風習があったという“おもてなし”をテーマに研究していた。クレア自身も他人に身体を提供する“おもてなし”によって新たなる自分を発見できるという持論を実践。
そんなクレアに強く惹かれた蛍子だったが、クレアもまた蛍子に惹かれていた。そしてクレアは様々な男たちとの“おもてなし”の行為を蛍子に報告することによって自らの研究結果を再確認、新たなる自己発見の研究は続く。蛍子もまた愛するクレアの報告に嫉妬しつつ小説家としての新たな世界観が開けるのを感じていた。
クレアの“おもてなし”は日毎にエスカレートし、ナンパされた男とそれを阻止しようとするストーカー男、その二人一緒にホテルへ入る。そしてホテルから蛍子に今の状況をメールする。ストーカー男はクレアを崇拝していて「クレアさんはこんな人じゃなかった!」と号泣しながら突きまくる。
別の日にはバーでバーテンダーと店長と3P。遂には怪しげな乱交パーティで狂乱の“おもてなし”が執り行なわれる。
地下牢で犬のように四つんばいで複数の男のチンポを咥えこむクレア。
そしてクレアは新たなる自分に生まれ変わり、その報告を聞かされる蛍子はベストセラーを増やしていく。

(2010年6月16日(水)中村映劇 ネット割引1,000円)
同時上映「猟色未亡人 着物のままで」(旧題「いんらん家族 好色不倫未亡人」)
      「妖女伝説セイレーンX 魔性の誘惑」


スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/06/21 12:30】 | 「ま」行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2010年6月16日(水)中村映劇で三本立て | ホーム | 妖女伝説セイレーンX 魔性の誘惑>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fujirusi.blog120.fc2.com/tb.php/86-d199d316
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。