FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
潮吹きヘルパー 抜きまくる若妻
潮吹きヘルパー 抜きまくる若妻 大
2007年 60分 製作:サカエ企画/提供:エクセス
監督:新田栄/脚本:岡輝男/撮影:千葉幸男/照明:高原賢一/録音:シネ・キャビン
編集:フィルムクラフト/スチール:佐藤初太郎/助監督:加藤義一/現像:東映ラボテック
◆キャスト◆
宮沢舞子:篠原麗華/鈴木光子:鏡麗子/岡崎はるか:倖田李梨/鈴木有三:久須美欽一
西島健司:岡田智宏/滝田正彦:なかみつせいじ/宮沢俊和:丘尚輝

★★★★ 老人介護をきっちり描きつつ軽く馬鹿なノリの新田栄作品

ベストテンに選ばれることも一般公開されることも決してないが成人映画館に行けば必ずと言っていいほど上映されている新田栄監督作品。野暮ったい登場人物がどうも苦手なのだが、これまで観てきたのはみんな15年以上も前のものばかりだったので古臭さは否めなかったが、今回は3年前と新しく女優陣のノリが今風なので意外と楽しめた。
ヒロインの篠原麗華はポッチャリと呼ぶにはポッチャリが過ぎるが愛嬌があって色気もありこの手の体系が趣味なら抜群の人かもしれない。とくにヘルパーの格好が異常なほど似合っていて、こんなヘルパーはいそうでとってもリアルな感じがした。
しかしなんと言っても倖田李梨である。既にポスト林由美香と呼ばれ主演・脇役ともに引っ張りだこらしいが、この映画ではかつて新田監督の常連だった林由美香の位置にかっちりとハマっていて、それでいて旬の輝きも放っていた。顔は普通だがムードと身体つきが最高だった。濡れ場要員的な扱いで濡れ場は一回のみだったのがおしい。
破綻している部分も多いが、意外とストーリーもしっかりしていて、それでいて新田作品らしくお馬鹿で軽くノリの良いエッチな映画で、かなり覚悟して観ていたのでその落差で凄げー良いもの観た気がした。


潮吹きヘルパー 抜きまくる若妻 潮吹きヘルパー 抜きまくる若妻 潮吹きヘルパー 抜きまくる若妻

?あらすじ(ネタバレあり)?

Hが大好きな舞子は今日も夫にセックスを要求するが疲れていると拒否される。
「もう私のこと愛してないのね。離婚よ。」
と泣き崩れる舞子に仕方なくセックスする夫だったが続けてもう一回と言われ、「これでは身が持たない。そんなに体力が有り余っているなら仕事にでも出たらどうだ。」と言われる。
こうして舞子は免許を取得しヘルパーとなり有三の家に行くことになる。有三は足が少し不自由だが明るく元気なおじいちゃん。一軒家で一人暮らし。
舞子はヘルパーの先輩で元ソープ嬢はるか直伝のソープテクニックを駆使して有三を風呂に入れる。そしてはるか先輩がこの奉仕でおじいちゃん達を元気にし、その一人と結婚した話をする。
ある日有三はチラシで見た宅配レンタルDVDを利用してHなDVDを借りるが、その「女子大生 潮吹きキャンパス」で潮を吹いていたAV女優は舞子だった。
このDVDを観ていた事が舞子にもバレ、舞子は「学生の頃アルバイトで出ていたんです。でも会社には言わないで欲しい。」と言う。
有三はそんなこと言うつもりもなかったが、潮吹きを見た事がないので冥土の土産に見せてほしいと懇願。
見せる舞子。
舞子の潮を浴びながら「おお、これはまさに若返りの養老の滝じゃ?。」と大喜び。
ムスコも元気になって舞子と合体。
それからすっかり元気になった有三だったが、ある日一人娘の光子がいかにも遊び人の男を連れて帰ってくる。
健康的になった父親を見て「年寄りのくせに今さら元気になってどうするの?」と一喝。
光子は有三の遺産を狙って戻ってきたのでへたに元気になってお金を使われたらたまらない。出来れば早く死んで欲しいと思っていた。
そんな光子を見て、とんでもないと思った舞子だったが、有三は「これでもワシの娘でいいところもあるんじゃ。すまないがリハビリはやめて食事の準備だけにしておくれ。」と言い出す。
家族の問題に口出し出来ない舞子だったが、はるか先輩の「あなたらしくしなさい。」というアドバイスをうけ、少しずつでも有三に笑顔が戻るようにと車椅子を使って散歩へと連れ出す。
そこへ光子がやって来てまた文句を言われると身構える舞子だったが、久しぶりに笑顔を見せる父親を見て泣きすがる。
「ごめんなさいお父さん。私彼に騙されていたの。彼はお金を奪って逃げって行ってしまった。」
馬鹿な娘を優しく抱きしめる有三。有三は娘と暮らすことにした。
そして舞子は光子にヘルパーの仕事を斡旋。はるか仕込みのソープテクニックを伝授するのだった。
舞子の家では、すっかりご無沙汰となった夜の営みをしようと夫が擦り寄ってくるが「疲れているから」と舞子は拒否する。「ごめんなさい。あなた。でも明日は有三さんの家に行く日だもの。」
そして次の日、舞子は有三にまたがって潮を吹く。

(2010年6月9日(水)中村映劇 ネット割引1,000円)
同時上映「縄尻・有閑夫人」
       「徳川の女帝 大奥」


スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/06/10 08:07】 | 「さ」行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2010年6月9日(水)中村映劇で3本立て | ホーム | 縄尻・有閑夫人>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fujirusi.blog120.fc2.com/tb.php/80-45294467
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。