FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
痴漢電車 女が雌になる時
痴漢電車 女が雌になる時
2009年 日本 約60分 成人指定/痴漢
エクセスポルノ 製作/ネクストワン
監督・脚本/工藤雅典
出演/鈴木杏里、藍山みなみ、倖田李梨、柳之内たくま、なかみつせいじ
★★★★ 主演二人が美人ならそれで良し

2010年初めて行った映画がピンク3本立て。名古屋最古の映画館と言う「中村映劇」に初めて行った。古き良き映画館は思ったよりは綺麗だった。やっぱり映画館で観ると低予算ピンクも映画として楽しめる。3本の中でメイン的な扱いでストーリーもそれなりにあって、何よりも女優が綺麗だったので良かった。レズ叔母さんの鈴木杏里の色気と藍山みなみの清楚な感じがそそる。


痴漢電車 女が牝になる時1痴漢電車 女が牝になる時2痴漢電車 女が牝になる時3

?あらすじ?

大人しい雰囲気の藍山みなみが痴漢されている。サラリーマンミキオが助けるが、痴漢の言うことにゃ「アレは痴女だ」。家に帰るとべっぴんの叔母さんが離婚したと言って上がりこんでくる。叔母さんの言うことにゃ「それは私の子猫ちゃんかも」。そしてレズカップルとの共同生活が始まりミキオ悶々。レズ叔母さんの言うことにゃ「みなみは真性レズではなく父兄に犯された心の傷を癒すため女に逃げている、ミキオちゃんファイト!」。そんなとき怒れるリストラ上司による集団痴漢の魔の手が迫っていた。


(2010年1月後半 中村映劇にて1,200円にて鑑賞)
同時上映「ノーパン痴漢電車=そっとして=」
      「四十路後家 情交おもらし痴態」
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/03/16 01:27】 | 「た」行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2010年1月 中村映劇で3本立て | ホーム | ノーパン痴漢電車 そっとして>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fujirusi.blog120.fc2.com/tb.php/7-3ae049b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。