FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
夜のタイ語教室 いくまで我慢して
夜のタイ語教室
2009年 エクセス 製作/ネクストワン 60分
監督/黒川幸則 脚本/黒川幸則・本田千暁 撮影/村石直人 照明/鳥越正夫 助監督/新居あゆみ
編集/酒井正次 スチール/MAYA 録音/シネキャビン 現像/東映ラボテック
出演/小金井ハルコ:かすみ果穂、山本優子:倖田李梨、古賀朱美:友田真希
    後航平:久保田泰也、佐藤義則:石川雄也、中野圭介:丹原新浩、古賀篤:飯島大介

★★★★ かすみ果穂の可愛らしさを堪能

3本立てのうち2作が新田栄作品だったので、どおしようか迷ったのだが、かすみ果穂は好きだしネットで調べると一部のファンは絶賛していたので観に行くことに。新田作品は予想どおりアレだったけど、本作は予想以上に面白かったので観れて良かった。
かすみ果穂は「いとこ白書」で女優としても魅力的だと知ったが今作ではメインヒロインでさらに可愛らしさを堪能できたので満足。もうかすみ果穂を観る為だけの映画。アイドル映画としてほぼ満点の出来だった。


 夜のタイ語教室夜のタイ語教室夜のタイ語教室

?あらすじ(ネタバレあり)?

結婚を控えた同棲カップルハルコと航平。ハルコは既に仕事を辞め専業主婦のような生活をしていた。
ある日隣の部屋に穏やかそうな熟年夫婦が越してくるが夜は相当激しい。壁の薄いトイレから響いてくる喘ぎ声にハルコは自分たちのノーマルなセックスとまるで違うと悶々とする。
流されやすいハルコは強引な先輩優子につき合わされ週に一回タイ語教室に通っているが優子はすっかり飽きてしまったようで教室には顔を出さなくなっていた。
優子はバツイチで男と女はカラダの相性が一番大事!と力説。しかし航平しか知らないハルコはノーマルで流れ作業のようなセックスでは相性がいいかどうか分からず不満に感じていたが恥ずかしくて航平に要求することが出来ずにいた。

ある日、優子はハルコを強引に合コンに誘う。初めて行った合コンに戸惑いつつ慣れない酒で酔っ払い、気がつくとお持ち帰りされていたハルコは全裸で男とベッドにいることに驚き慌てて逃げ出すが、航平以外の男に初めて触れられ興奮もしていた。
そんなときタイ語教室の本棚に「男と女のタイ語会話術」なる本を見つける。そこにはタイ旅行に行った時に男が女を誘う文句や、卑猥な言葉がたくさん載っていた。普段は言えないエッチな言葉もタイ語なら言える。航平の前で航平にはわからないHな言葉を喋って欲求不満を少し解消するハルコ。

「タイ語講師の佐藤と別れたから、もう教室には行かない。」と優子からの電話に二人が付き合っていたことも知らなかったハルコはショックを受けるが、優子にとってカラダの相性がバッチリだったと言う佐藤に興味も持つ。
タイ語教室のあと本を持ち出したハルコに佐藤は「真面目な小金井さんがあんな本に興味を持つなんて意外だな。感想を聞かせてよ。」と飲みに誘う。
酔いがまわり彼氏とのことでモヤモヤしている話をしだすハルコ。携帯を忘れたと深夜の教室に取りに戻るが部屋に入るなり佐藤はハルコを抱きしめる。ハルコは思い切って自分がしてほしいHなことをタイ語で口にする。その通りしてくれる佐藤は、航平と違い、丁寧で優しい愛撫をし、ハルコは敏感に感じてしまう。しかし、「経験少ないって聞いてたけど、気にする事ないよ。」と耳元でささやかれハッとする。
「そんな事、誰が言ったんですか?優子さん?」
二人して自分が馬鹿にされていたと気づいたハルコは我に返り教室を飛び出す。

落ち込んで帰宅すると航平がトイレから出てきて「隣の夫婦すげーぜ!」と無邪気に喜んでいた。そんな航平に対して「人のことなんてどうでもいいわ。それより前に航平の前で言っていたタイ語の意味を教えてあげる。」と言い、航平の耳元で「○○○○」とささやく。そして面食らっている航平にキスをし押し倒す。いつもと違う激しいハルコに抵抗できず成すがままにされる航平。そして激しく抱き合い、ちゃんとセックスすればバッチリだった二人。
朝が訪れ、スッキリ爽やかに目覚めたハルコはまだ眠っている航平を見つめ「これからもよろしくね。」とつぶやく。

(2010年5月13日(木)中村映劇 ネット割引1,000円)
同時上映「三十路の女将 くわえ泣き」
      「和服義母 通夜に息子と」(旧題「喪服義母 息子であえぐ」)


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/06/03 00:17】 | 「や」行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<三十路の女将 くわえ泣き | ホーム | 2010年5月30日(日)南映で良質の三本立て>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fujirusi.blog120.fc2.com/tb.php/65-4e25c2b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。