FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ロリ色の誘惑 させたがり(DVDタイトル「せつな」)
ロリ色の誘惑  ロリ色の誘惑 させたがり
2005年 60分 シリアス/青春 製作、配給:国映・新東宝 製作協力:Vパラダイス
監督:高原秀和/脚本:永元絵里子 撮影:飯岡聖英 助監督:伊藤一平
出演:綾瀬つむぎ・合沢萌・奈津子・村松恭子・荒川仁彦・那波隆史・小林でび

★★★★ 二回観たら面白かった

途中から観始めたからかタイトルの「ロリ」をヒロインが幼い感じだと思い込んでしまったからか、脱ぐとそのあまりにも豊満で迫力のあるボディにキャラが掴めずのめり込めなかったが、ラストまで観るとちょっと良さげな感じでストーリーを知った上で二回目観るとそれなりにヒロインも魅力的に見えて楽しめた。
ピンク映画のタイトルなんて再上映のたびに変わったりするし一応観るとキーワードは入っているが内容とは別物。ロリとはヒロインが少女時代の自分と向き合い気弱で流されるのではなく強く立ち向かう心に目覚める象徴としての少女性のことだった。
DVDタイトルではヒロインの名前の「せつな」となっているが、これはこれで内容がわからない。
「豊満彼女 走って殴って させ子卒業!」ってな感じだったが私もセンスねーな。

ロリ色の誘惑 させたがり
こんなカラダして気弱なロリキャラって・・・。でも後半は殴る女に!
ロリ色の誘惑 させたがり ロリ色の誘惑 させたがり

?あらすじ?

殴る女の作り方
父は浮気を繰り返し、それに嫌気をさした母は幼いせつなを置いて出て行った。
そんな親を見てきたからか、せつなは物分りの良いイイ子として感情を抑え流されるままに静かに生きてきた。
そんな彼女をみんなは「いいひと」と呼ぶが、文句を言わないことをいいことにバイトでは変な着ぐるみ着せられて踊らされたり、社長に襲われたり、ストーカーに追いかけられたり、恋人はコンドームもなしにセックスしようとしてきたり、それを拒否したら元カノと浮気してきてご丁寧にその報告をしてきたりと、されたい放題。
そんなとき母親がふらりとやって来て「子供の頃のアンタは負けん気が強くて頑固だった。」と思い出話をする。
その日以来、幼き頃のせつなの幻影が現れる。
「わたしはどんな大人になりたかったんだろ?」
そして簡単に「愛している!」と言って迫ってくる男に切れて思わずグーで殴るせつな。
恋人を殴り、ストーカーを殴り、社長を殴り、そして全裸で海岸をわーーーーーっ!!!
でも我に返ってコソコソと服を着る。でもちょっとスッキリ。


(2010年4月21日(水)中村映劇 ネット割引1,000円)
同時上映「祇園エロ慕情 うぶ肌がくねる夜」
      「人妻いんらんな私」」(旧題『いんらん巨乳妻』)
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/04/23 13:35】 | 「ら」行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<祇園エロ慕情 うぶ肌がくねる夜 | ホーム | 「人妻いんらんな私」(旧題『いんらん巨乳妻』)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fujirusi.blog120.fc2.com/tb.php/43-c85c9036
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。