FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「家庭内SEX!許して、お父様!」(旧題「母娘どんぶり 蜜壷くらべ」)
「家庭内SEX!許して、お父様!」   「家庭内SEX!許して、お父様!」
1998年(2007年改題再映) エクセス 60分
監督・脚本:北沢幸雄/撮影:図書紀芳/照明:渡波洋行/録音:シネキャビン
編集:北沢幸雄/音楽:TAOKA/助監督:堀禎一/ヘアメイク:りえ
出演:本田礼美 佐々木基子 麻生みゅう 佐々木恭輔 石川勇也 田島謙一 板垣有美

★★ ヒロインが好みじゃなかった

エクセスのサイトに行くと映画の詳細データが得られるのだが、その膨大なストーリー説明には驚かされた。映画本編を観ただけでは得られない情報満載でストーリーが語られるのだ。まず主役が違うし印象が全然違う。ある意味二倍楽しめる。
映画は家庭内SEXというタイトルどおり家の中でのセックスが中心に描かれているが旦那と子供が帰ってきているのに別の男と妻がセックスしていたり、父親にセックスを迫ったり見せ付けるためにセックスしたりとまともでない関係のセックスしか出てこない展開は後から思うと結構面白いが、肝心のヒロインがあまり可愛くなくてイマイチ面白みを感じなくて残念。
違う監督が演出したら、ひょっとすると傑作と映っていたかもしれない。おしい!
あと、大学生を演じていたのが「片腕マシンガール」や「パイロット版 古代少女ドグちゃん」の石川勇也で、この人には会ってサインしてもらったことがあるので、出ているのを見てちょっと嬉しかった。


 「家庭内SEX!許して、お父様!」「家庭内SEX!許して、お父様!」「家庭内SEX!許して、お父様!」「家庭内SEX!許して、お父様!」

?あらすじ?

裕福な家柄の佐伯家には秘密があった。
佐伯敏弘は今日も望遠鏡で星を眺めていた。そんな夫を見ながら妻の千冬は男友達を家に連れ込み、そのまま旦那の目を気にすることなくセックスにふける。
高校生の娘 亜美はそんな母親を軽蔑して父親の寝室に訪れる。お父さんには亜美がいれば大丈夫と言う敏弘に亜美は抱いてと迫る。それは出来ないと拒むが、血の繋がりがないのだからいいじゃないと迫ってくる。結局抱いてもらえなかった亜美はオナニーで自分を慰める。
次の日、亜美は大学生の広野秀和を家に連れてくる。秀和は町で知り合いHした相手が女子高生だったことにも驚いたがさらに豪邸住まいのお嬢様だったことにも驚きつつ部屋で亜美を抱く。
そんな二人のセックスを密かに覗いている男がいた。亜美の義父敏弘だ。敏弘は泣きながら亜美が秀和に抱かれているのを見続けた。
そして後日、敏弘は秀和に手切れ金を渡し亜美と別れろと告げるが、秀和はそれを拒否する。
そんな秀和を今度は家に招待し妻に紹介する。母親に会わせてくれて亜美との交際を認めてくれたと思った秀和だったが、セックス依存症の妻を抱かせて亜美と別れさせる作戦だった。千冬は亜美の母親とはいえまだ若く美しい。迫られたら拒みきれず抱いてしまう秀和。
亜美が帰ってきて秀和が母と関係を持ったことを知ったが、亜美は父親の気を引くために覗かれていることを知りつつセックスしていたのだった。さらに千冬は亜美の出生の秘密まで暴露し始める。
亜美は千冬の実父との間に出来た子供だった。それを隠すために婿養子としてやって来た敏弘。
全ての秘密がさらけ出され、敏弘は自分の心に従い亜美と結ばれる。
千冬と秀和の存在を無視して敏弘と亜美はハッピーエンド。


(2010年4月18日(日)春日井ユニオン1,500円)
同時上映「熟女乱交 獣のあえぎ!」(旧題「熟女スワップ 獣のように」)
      「いとこ白書 うずく淫乱熱」(一般上映タイトル「たぶん」)
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/04/20 11:06】 | 「か」行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<いとこ白書 うずく淫乱熱(一般上映タイトル「たぶん」) | ホーム | 「熟女乱交 獣のあえぎ!」(旧題「熟女スワップ 獣のように」)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fujirusi.blog120.fc2.com/tb.php/39-f642e08f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。