FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
白い肌の未亡人 私を苛めて (旧題「未亡人変態地獄」)
白い肌の未亡人 私を苛めて 白い肌の未亡人 私を苛めて
1991年 獅子プロダクション 提供:エクセス
監督:佐藤寿保/脚本:五代響子/撮影:稲吉雅志/照明:斎藤久晃/編集:酒井正次
助監督:梶野考/緊縛指導:唐木俊輔/スチール:佐藤初太郎/現像:東映ラボテック
出演/一の倉真理江:姫ゆり、平井直子:伊藤清美、風俗ギャル・くるみ、水鳥川彩
    一の倉圭一:池島ゆたか、平井清隆:今泉浩一、アダルトショップ店員:坂田祥一郎

☆☆☆☆ 良い映画だったかもしれないが集中力不足で判定不能

平井は歌舞伎町に風俗遊びに訪れたが、残念ながら風俗嬢の態度が悪く射精はしたものの気分的にスッキリしない。その帰り道に何時間も前から誰かを待っている女がまだそこにいることに気づく。
視線が合い、その女に誘導されるように二人はホテルへと入って行く。
平井は女を売春婦だと思った。しかしホテルの部屋に入っても女は金を要求することはなく、代わりにアッタシュケースから責め具を取り出し、「苛めて欲しい。」と要求してきた。
女の名は真理江、主婦で真性Mで、これは夫公認のプレイの一種と語った。
初めての経験に平井は戸惑いつつも何かに目覚めて行くものを感じていた。
プレイが終わり、また会うことを約束して二人は別れた。
真理江はマンションに戻り夫へ浮気の報告をする。しかしそれは真理江の一人芝居。夫は数ヶ月前にSMが高じて死亡していた。真理江は夫との羞恥プレイのビデオを見ながら妄想の世界で夫に抱かれ一人きりの部屋でオナニーにふけるのだった。
平井には妻がいたが倦怠期気味、しかし真理江との出会いでサディズムに目覚めアダルトグッズ店で道具を買い揃えるようになり妻に試してりしてみて余計に夫婦の溝が開いていく。
そして頻繁に真理江と会い、夫の身代わりのようにプレイにふけっていく。
そして真理江は最高のエクスタシーを得るために夫にそうしたように平井の首を締め上げていくのだった・・・。

白い肌の未亡人 私を苛めて白い肌の未亡人 私を苛めて白い肌の未亡人 私を苛めて白い肌の未亡人 私を苛めて

ピンク四天王の佐藤寿保監督作で脚本は池島ゆたか監督の盟友で名脚本家の五代響子なので、きっと面白かったはず。ヒロインの姫ゆりも妖しげな色気をふりまいていたのだが、この日の私の状態があまりにも良くなくて集中力に欠けてマトモに見れなかった。
まず、隣の席に女一人に男が群がりおっぱじ始めた。後からその女は女装子だと分かったが暗がりでは女かと思い、ついドキドキしてそっちに気がいってしまった。その後、それが女装子だと気づいて映画に集中しようと思ったのだが、今度は眠気に襲われ後半は夢うつつの状態で気がついたらエンドクレジットになっていた。
ちょっと古臭い感じもしたが、まともに見てたら面白かったかもと悔やんだが、流石にもう一回りして観る気にはなれなかった。
嗚呼、女装子に気をとられて消耗した自分が悔しい。


(2011年1月8日(土)中村映劇 ネット割引1,000円)
同時上映「母性愛の女 昼間からしたい」
      「ある歯医者の異常な愛 狂乱オーガズム」

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2011/01/16 15:16】 | 「さ」行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<中村映劇2011年1月8日(土)今年初の映画鑑賞 | ホーム | 母性愛の女 昼間からしたい>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fujirusi.blog120.fc2.com/tb.php/250-262e5230
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。