FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
2010年下半期ランキング
      2010年下半期劇場鑑賞私的ランキング

2010年下半期に劇場で観たピンク映画を個人的な趣味でランキング。
製作年度はバラバラで通常のランキングとは違うし、出来よりも好き嫌いを重視。
完成度の高いものよりも好みの美人が出ていた方がランクが上の場合も多々ある。
下半期は多少ピンク映画に見慣れてきて衝撃度は薄れたが、新旧の傑作ばかり観ることが出来て充実していた。



第1位 すけべ家族 浴室の絡みあい(旧題「超いんらん家族 性欲全開」)
すけべ家族すけべ家族すけべ家族すけべ家族すけべ家族
  ★★★★★
  1994年 新東宝 監督/深町章 脚本/双葉零 出演/林田ちなみ、石川恵美、杉原みさお、池島ゆたか (コメディ)
うまく玉の輿に乗れると気合を入れて恋人の家に挨拶に行ったヒロインだったが、そこは性に大らか過ぎる変態家族の巣窟であった。いきなり父親に犯され、その間婚約者は義理とは言え母親とお風呂で真っ最中。婚約を破棄しようとも思ったが父親とのセックスが忘れられず・・・。
下半期は何故だか深町章監督作品が充実していた。とくにこの作品のとぼけた味わいは素晴らしく、衝撃的ではなかったのだがジワジワと来て、このてのエロコメディのひとつの到達点だと感じた。双葉零氏との脚本作品がとくに好きみたい。池島ゆたか氏のひょうひょうとした存在感も光る。

 (2010年12月中村映劇 1000円 同時上映「アラフォー離婚妻 くわえて失神」「理由あり未亡人 喪服で誘う」)

第2位 壺姫ソープ ぬる肌裏責め
           壺姫ソープ 
           ★★★★★ <ピンク大賞2009 第1位>
  2009年 オーピー 監督/加藤義一 脚本/城定秀夫 出演/持田茜、藍山みなみ、合沢萌、津田篤 (青春)
恋人の家に居候して学校にも行かずエロ漫画を描いている駄目大学生が、原稿料でソープに行きそこで高校時代の元カノに再会。かつての甘酸っぱい思い出を呼び起こすがホロ苦い現実も知ることになり・・・。
二回観たらえらく面白かった。この丁度良さはなんだろう。小じんまりとしているのに現実のように世界は広がっている。切なくて温かくてシニカルだ。流石は昨年度の一位作品。なるほど傑作だ!

 (2010年11月春日井ユニオン1500円 同時上映「痴漢電車 極秘本番!」「美人銀行員を狙え! 異常レイプ」)

第3位 移り気若妻の熱い舌技
移り気若妻の熱い舌技移り気若妻の熱い舌技 しじみ
  ★★★★★
  2010年 オーピー 監督/友松直之 出演/横山美雪、しじみ、若林美保、畠山寛、原口大輔 (メロドラマ)
いとこの若妻への一途な想いが禁断のレイプへと変わり・・・。
美形の横山美雪と暴走キャラのしじみの対比も楽しい友松流強姦ファンタジックメロドラマ。「最後のラブドール」と同時進行で撮影を強行したためかノリが凄い。気合を入れた大作の反動か肩の力がほどよく抜けて完成度の高い逸品に!

 (2010年10月 南映1500円 同時上映「質屋の若女将 名器貸し」「いんらん三姉妹」)

第4位 豊丸の何回でも狂っちゃう 
    豊丸の何回でも狂っちゃう
    ★★★★★ <ピンク大賞1989 第8位> (ロードムービー)
   1989年 エクセス 監督・脚本/細山智明 出演/豊丸、橋本杏子、沢村杏子、池島ゆたか、ボブ・ハイアット
生まれながらのいんらん娘 豊丸愛子はいんらん行脚(あんぎゃ)の旅に出る。豊丸の初めての男となった影田は愛する豊丸の行く末を見守るためマネージャーのように旅に同行するが時に嫉妬心が抑えきれず豊丸と衝突しつつも二人の旅は続く。
鬼才 細山智明が最強いんらん女優 豊丸を主演に迎えて放つロードームービー。あと少し上映時間と予算が確保出来ていたらとんでもない名作になっていたかも。最後は豪勢に集団乱交と決めて欲しかった。それでも制約の中でやるべきことは全てこなしている。豊丸はピンク映画界のブルース・リーだ!

 (2010年11月南映 1500円 同時上映「痴女の羨望 淫乱渇く」「好奇心の強い義母 昼顔の汗臭」)

第5位 ニッポンの猥褻 絶倫好色一代記 (旧題「ニッポンの猥褻」)
ニッポンの猥褻ニッポンの猥褻ニッポンの猥褻ニッポンの猥褻ニッポンの猥褻
  ★★★★★ 新東宝30周年記念超大作 (現代風俗史劇)
  1993年 新東宝 監督/深町章 脚本/瀬々敬久
  出演/橋本杏子、石川恵美、アイリーン、岸 加奈子、林 由美香
      久保新二、清水大敬、平賀勘一、快楽亭ブラック、山本竜二、池島ゆたか、荒木太一
大正・昭和の時代を駆け抜けた性風俗学者が激動の時代を回想する一代記。
阿部定を演じた石川恵美が印象的。石井輝男監督の映画で本物の阿部定を観たことがあるが、その印象と似てた。
上野オークラ旧舘のラストウィークの特別番組として観た。私にとって最初で最後の上野オークラ(旧舘)だった。

 (2010年7月上野オークラ劇場 1600円 同時上映「秘技四十八手 枕絵のおんな」「色欲怪談 江戸の淫霊」)

第6位 理由あり未亡人 喪服で誘う(旧題「変態未亡人 喪服で乱して」)
          理由あり未亡人理由あり未亡人理由あり未亡人
          ★★★★ (アヴァンギャルド)
 2003年 オーピー 監督・脚本/山邦紀 出演/川瀬有希子、里見瑤子、佐々木基子、柳東史、なかみつせいじ
カフカの「変身」で青年が突然<虫>になってしまったように未亡人は突然いんらんに変身、その友人は突然 股間に神の力を宿し、中年男は己の希薄さに風景へと溶け込んで行く。
インテリなのか馬鹿なのか判別がつかないが面白いからいいや。
借金の形に女を襲うチンピラがM調教されるなどぶっ飛んでいる。変な映画。

 (2010年12月 1000円 同時上映「アラフォー離婚妻 くわえて失神」「すけべ家族 浴室の絡みあい」)

第7位 牝猫フェロモン 淫猥な唇
           牝猫フェロモン 淫猥な唇
         ★★★★ (アイドル映画)
  2010年 オーピー 監督/渡邊元嗣 出演/早川瀬里奈、鮎川なお、クリス小澤、津田篤
ストーカー女をチャーミングに描いたお馬鹿な映画。だけど、まんまと感動。早川瀬里奈引退記念作。
この後に観た一般映画「君に届け」と似た感触の感動が得られた。前半あまりにもくだらなくて眉をひそめたが、その馬鹿なノリがあってこその展開で用意周到な作に嵌ってしまった。女優陣が主役級のアイドルばかり揃えているのも豪華だが登場人物がわずか5人しかいないことにも驚く。

 (2010年10月 南映 1,500円 同時上映「ザ・恥毛と縛り」「令嬢たちの狂乱 ダブル縄祭り」)

第8位 受験ママ 禁断の関係(旧題「いんらん家族 義母の寝室」)
          受験ママ
         ★★★★ (近親相姦)
  1991年 新東宝 監督/深町章 脚本/周知安(片岡修二)
  出演/井上真愉見、早瀬瞳、望月麻子、南条千秋、芳田正浩、池島ゆたか
大学受験を控えて猛勉強中だがお母さんのことが好きで好きで勉強が手につかない。しかも親父はよそに子供を作って家族に迎えると言う。可愛そうなお母さん。そしてとうとう一線を越えてしまうが・・・。
ムチャクチャ面白かったわけでもなく、特別好きな女優さんがいたわけでもないのに何故だか心に残る。お母さん役の人はお母さんをやるには若すぎるが母性は感じた。なんかねー、なんか温かいの。映画全体が愛情に溢れてる感じ。幸せな気分になる小品だった。主人公の青年のメガネが時代を感じさせて野暮ったいのが難。

 (2010年8月 中村映劇 1000円 同時上映「タマもの 突きまくられる熟女」「夫婦夜話 さかり妻たちの欲求」)

第9位 巨乳家政婦 内緒の裏メニュー (旧題「いたずら家政婦 いじめて縛って」)
           いたずら家政婦 いじめて縛って
   ★★★★ (メイド/ソフトSM)
  2007年 オーピー 監督/小川欽也 脚本/水谷一二三 出演/@YOU、風間今日子、山口真里、なかみつせいじ
息子夫婦の旅行中に家政婦を雇うことになったエロ小説家が巨乳家政婦を気に入り小遣いを渡して小説のモデルとしてエンジョイプレイ。
とにかく@YOUの見た目が素晴らしい。お酒を飲むとHになっちゃうと言う設定を生かしきってはいないけど面白い。とにかく@YOUの顔とおっぱい最高!

(2010年7月南映1500円 同時上映「最後のラブドール 私、大人のオモチャ止めました」「女囚房 獣のように激しく!」)

第10位 美肌の湿り 牝臭で誘う(旧題「ふしだら慕情 白肌を舐める舌」)
         ふしだら慕情 白肌を舐める舌ふしだら慕情 白肌を舐める舌ふしだら慕情 白肌を舐める舌ふしだら慕情 白肌を舐める舌
       ★★★★ (映画館シリーズ/純愛)
  2007年 オーピー 監督/荒木太郎 出演/平沢里菜子、華沢レモン、淡島小鞠
ファザコンのヒロインが思い出の名画座で働き始め初老の館主に想いを寄せて行く。
初の名古屋ロケ、上映劇場の南映を舞台にした荒木監督50本目の記念ピンク映画で、それを舞台となった南映で観ると言うのは感慨深かった。

 (2010年10月 南映 1500円 同時上映「豊丸の変態クリニック」「三十路の生レズ なぶり合い)

第11位 秘技四十八手 枕絵のおんな
  秘技四十八手 枕絵のおんな
  ★★★★★ (時代劇)
  1994年 大蔵映画 監督/小川和久(小川欽也) 出演/藤崎あやか、水鳥川 彩、岸加奈子
   ピンク映画としては大作の時代劇、女郎役の岸加奈子の声が艶っぽくて良かった。

第12位 色欲怪談 江戸の淫霊
  色欲怪談 江戸の淫霊
  ★★★★★ (怪談)
  1997年 OP映画 監督/酒井信人 出演/陳黛英、ちよみ
   大蔵映画創立50周年記念作、初期の大蔵エロ怪談を復活させた意欲作。おかみさん役のちよみが良かった。

第13位 豊丸の変態クリニック
  豊丸の変態クリニック
  ★★★★ (変態)
  1988年 エクセス 監督/浜野佐知 出演/豊丸、愛沢良子、平口広美
   昼は変態専門の女医、夜は変態共あこがれの歌姫の最強いんらん豊丸降臨映画。
   レイプされているはずが逆にレイプしている豊丸お得意のプレイが圧巻!

第14位 美尻エクスタシー 白昼の穴快楽
  ★★★★ (アヴァンギャルド/馬鹿)
  美尻エクスタシー 白昼の穴快楽
  2010年 オーピー 監督/山崎邦紀 出演/国見奈々、淡島小鞠、里見瑤子
   尻小玉と玉子を巡るエロスの冒険。なんだかわからないけど面白い!

第15位 いんび変態 若妻の悶え (「太宰治 キリギリス」より)
  いんび変態 若妻の悶え
  ★★★★ (純文学)
  2009年 オーピー 監督/荒木太郎 出演/淡島小鞠、あすか伊央、野村貴浩
   太宰治の短編を映画化。淡島小鞠と野村貴浩がいい!

第16位 ザ・妊婦 不倫!多情!淫乱!(旧題「ザ・妊婦」)
  ザ・妊婦
  ★★★★ (サスペンス風&ロードムービー)
  1992年 新東宝 監督/川村真一 出演/竹村祐佳、摩子、鈴木奈緒
   臨月の妻を置いて夫は現実逃避の旅へ、そして妻は妊婦マニアのエロ作家に狙われていた。

第17位 三匹の奴隷 (DVD題「虜 ?とりこ?」)
  ★★★★ <ピンク大賞2009 第4位> (SM/オムニバス)
  三匹の奴隷
  2009年 新東宝 監督/佐藤吏 出演/亜紗美、友田真希、真咲南朋
   SMにハマる三匹の牝奴隷と師匠のエピソード三本立て。

第18位 最後のラブドール 私、大人のオモチャ止めました。
  メイドロイドVSホストロイド軍団
  ★★★★ (SF)
  2010年 エクセス 監督/友松直之 出演/吉沢明歩、しじみ、若林美保
   吉沢明歩のパンチラがまぶしいメイドロイドシリーズ第二弾。

第19位 やればスッキリ生尻娘(旧題「生尻娘のあえぎ汁」)
  やればスッキリ生尻娘
  ★★★★ (純愛)
  1998年 新東宝 監督/深町章 出演/西藤尚、東夕巳、相沢知美
   命を狙われているヤクザ者と今どき女子高生の心と身体のふれあい。

第20位 白衣快感 おっぴろげご奉仕
  白衣快感 おっぴろげご奉仕
  ★★★ (コメディ)
  2009年 オーピー 監督/関根和美 出演/かなと沙奈、里見瑤子、山口真里
   チャチな病院コメディなのだが、オシメして赤ちゃんプレイを熱演する里見瑶子が面白すぎる!

第21位 痴漢電車 いたずら現行犯
  ★★★★
  1994年 新東宝 監督/深町章 出演/杉原みさお、青木こずえ、林由美香
   痴漢電車で出会った男女のコミカルなオムニバス映画。Hシーンで流れるクラッシックの調べが楽しい。

第22位 保健室の誘惑 先生、お願い!(旧題「痴女教師. またがり飲む」)
  ★★★★
  2007年 オーピー 監督/池島ゆたか 出演/大沢佑香、結城リナ、春咲いつか
   ピンク版「メリーポピンズ」。大沢佑香のコメディアンヌとしての存在感を感じた。

第23位 熟女7人淫乱天国(旧題「七人の熟女 淫乱」)
  ★★★★
  1994年 新東宝 監督/深町章 出演/石川恵美、林由美香、橋本杏子、池島ゆたか
   ピンク版「大霊界」。インチキ教祖清水大敬のいかがわしさが面白い。

第24位 貝あわせ こすれ合う股ぐら(旧題「ハードレズビアン クイック&ディープ」)
  ★★★★★<大賞2005 第8位>
  2005年 新東宝 監督/佐藤吏 出演/夏目今日子、ナンシー、速水今日子
   レズへのカミングアウトをして成長するOLの話。女に抱かれて可愛くなる夏目今日子が魅力的。 

第25位 コンビニ無法地帯 人妻を狩れ
  ★★★★
  2009年 オーピー 監督/国沢実 出演/成田愛、かわのすみれ、佐々木基子
   万引き主婦をコンビニ店長が陵辱。成田愛のムチムチ感がたまらん。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/12/30 18:24】 | 私的ランキング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2010年上半期ランキング | ホーム | 2010ピンク映画データ <旧作編・上半期>>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fujirusi.blog120.fc2.com/tb.php/237-bff91dfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。