FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
痴女の羨望 淫乱渇く(旧題「濡れ濡れ 三段責め」)
痴女の羨望 淫乱渇く
1993年 エクセス 60分 製作:獅子プロダクション (東スポ連載コラム)『姫ゆりの小道具でエッチ』より
監督:橋口卓明/脚本:瀬々敬久:橋口卓明/撮影:下元哲/照明:伊和手健/編集:酒井正次
助監督:田尻裕司/スチール:西本敦夫/録音:銀座サウンド/現像:東映ラボテック
出演/姫ゆり:姫ゆり/菊池洋子:高木杏子/坂上好子:伊藤清美/菊池勇二:山口健三/坂上章:池島ゆたか

★★★★ AV女優でストリッパーの姫ゆりの純な不倫と小道具エッチ

ストリップの地方廻りから一人暮らしのマンションに戻ってきた人気AV女優姫ゆり、多忙で恋人を作るヒマもなく一人オナニーで性欲を処理しているところに馴染みの記者から電話がかかってくる。
記者はマルチポルノ女優による日常品を使って出来る楽しく刺激的なセックスを紹介して欲しいとコラムを強引に依頼。
そのとき偶然元カレに再会。いまだに元カレに好意をよせる姫ゆりは既に結婚していた元カレをコラムを書く上でのセックスに協力と言う口実でエッチを重ねていく。
ちくわを挿入したりミルクを使ってローションプレイしたりサランラップでプチSMしたり、恋人時代に戻った気分でエッチをして、そのおかげでノリノリでコラムを執筆、好評を得る。
しかし、不倫していることが元カレの妻にバレ、あえなく破局。
もうコラムは書けない!と記者に逆ギレ、そのまま記者に泣き崩れる。かつて肉体関係を持ったこともある記者になぐさめエッチをしてもらい、その真っ最中に元カレの家に電話し、元カレ夫妻と同時テレフォンセックスプレイに至る。
それをコラムに書き新聞に掲載された頃、姫ゆりは気持ちも新たにストリップの地方廻りの旅に出るのだった。


 痴女の羨望 淫乱渇く痴女の羨望 淫乱渇く痴女の羨望 淫乱渇く

姫ゆりって誰?
映画が製作された1993年当時はそれなりに有名なAV女優だったのだろうか?一応本人の設定で物語は進行していくが、私は全然存じ上げなかったし今ではどの程度の人気だったかは不明。でも映画を観る限りではそのときにはAV女優としては仕事が無くストリップの地方廻りとコラムなどで活躍していた人みたいだった。
そんな映画からテレビ、AVにストリップとなんでもこなすマルチポルノ女優・姫ゆりが東京スポーツで掲載したコラムを元に映画化した本作、脚本をこのあとピンク四天王となる瀬々敬久が担当していることでちょっと気になった。
姫ゆりをはじめ登場する女優の顔がやや古いが身体はなかなか。華やかな業界人であろう姫ゆりの華やかでない実像を軽やかに少し切なく描いた佳作。
個人的にこんな肩書きのストリッパーでAV女優のストリップを何回か観たことがあり、それと重ね合わせて観たので思いのほか興味深く観れた。
でも、姫ゆりって誰?聞いたことも無かった。同時上映作の豊丸も今では知る人ぞ知る存在だが私には思い出深い女優さんだった、姫ゆりに思い出深ければ感慨深い一作なのかも。


(2010年11月2日(土)内田橋・南映画劇場 1,500円)
同時上映 「好奇心の強い義母 昼顔の汗臭」
       「豊丸の何回でも狂っちゃう」

スポンサーサイト
[PR]

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/11/05 00:33】 | 「た」行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2010年11月2日(火)南映にて「豊丸の何回でも狂っちゃう」他、三本立て | ホーム | 好奇心の強い義母 昼顔の汗臭>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fujirusi.blog120.fc2.com/tb.php/200-d188b847
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。