FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
中川准教授の淫びな日々
中川准教授の淫びな日々
<ピンク大賞2008 第二位>
2008年 製作:松岡プロダクション 提供:Xces Film サスペンス
監督:松岡邦彦/脚本:今西守/撮影:村石直人/編集:酒井正次/助監督:永井卓爾/
スチール:佐藤初太郎/録音:シネキャビン/現像:東映ラボテック
出演/望月奈々:平沢里菜子/中川恵美:藍山みなみ/中川瑶子:酒井あずさ
    与田種彦:伊庭圭介/赤尾恵三:世志男/中川四郎:那波隆史

★★★★ 棄てた娘から復讐される父

エロティズムについてボソボソと講義する中川の授業にタバコを吹かしながら聴講する女生徒がいた。その女、奈々は中川の研究室にも現れ、エロティズムの研究者は実践も凄いの?と挑発。無礼な態度を取る奈々に助手の与田が激怒し追い払うが後日また研究室に現れた奈々は与田を誘惑する。
奈々と与田がセックスする姿を見てしまった中川は困惑と興奮を覚える。
奈々は中川に告げる。
「私はあなたが棄てた女の娘、あなたの娘よ!母はあなたに捨てられて身体を売って私を育てて、死んでしまった。」
そして奈々は復讐として自分と母親を棄てて幸せに暮らす中川の家庭を崩壊させていく。
中川の娘恵美と仲良しになり中川の家に入り、与田を使って中川の妻をレイプ。与田は罪の意識から電車に飛び込み自殺、妻は家を出てしまう。
しかし奈々の復讐は終わらない。性奴隷のオヤジを連れ込み恵美を中川の目の前でレイプさせる。
狂っていく家庭と犯される娘、復讐とともに中川への愛を渇望する奈々の姿に困惑呆然としながらもエロティズム研究者として刺激されていく中川は流されながらも全て受け入れ、そして自らの性を研究対象として探求していく。
そしてボソボソとやる気なく講義していた授業はエネルギッシュに変わり、その先には娘の奈々が熱い視線で中川を見つめるのだった。


中川准教授の淫びな日々中川准教授の淫びな日々中川准教授の淫びな日々中川准教授の淫びな日々

ポスターやタイトルの雰囲気から変態教授が女子生徒を研究と称して陵辱する話かと思ったが全然違った。
ピンク大賞2位と言っても面白いとは限らないので、そんなに期待したわけではないが、結局のところ面白かったけれど、なんか作者の都合だけで簡単に破滅へと向かう展開にイマイチ説得力が足りずはがゆい感じがした。
娘の存在を知らずに傷つけてきた罪の意識で言いなりになるとは言え、簡単に言いなりになり過ぎ。妻や娘がレイプされるのを黙って見ていることに葛藤が感じられず、エロティズム研究者としての資質という言い訳はあるのかもしれないがエピソード不足で説得力にかける。
映画評論家の解説によると親子とは知らずに近親相姦してしまい、その罪の意識で言いなりになっていく展開があったが映倫に通らず中途半端になってしまったのでは?と推測していた。
奈々役の平沢里菜子はそれなりにエキセントリックだったし、他の出演者も役にハマっていたし、評価の高い中川役の那波隆史もラストは良かったけれど、映画全体として狂気が支配していないので今一歩ノレなかった。
いや、最終的には面白かったのだけれど。


(2010年10月12日(火)春日井ユニオン劇場 1,500円)
同時上映 「人妻痴情 しとやかな性交」
       「和服妻 蜜ツボの味」(旧題「人妻 あふれる蜜ツボ」)

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/10/13 01:55】 | 「な」行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<和服妻 蜜ツボの味(旧題「人妻 あふれる蜜ツボ」) | ホーム | 人妻痴情 しとやかな性交>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fujirusi.blog120.fc2.com/tb.php/182-d40d5349
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。