FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
社宅妻 ねっとり不倫漬け
社宅妻 ねっとり
2009年5月29日公開 製作/フリークアウト 提供/オーピー映画 熟女/不倫
監督・脚本/小川隆史 プロデューサー/国沢実 撮影・照明/長谷川卓也 編集:酒井正次 音楽/杉浦昭嘉
録音/シネキャビン 助監督/金沢勇大 監督助手/桑島岳大 撮影助手/梅津真也、桜井伸嘉
メイク/岩フェラー恵 スチール/本田あきら 制作進行/加藤学 現場応援/広瀬寛巳 編集助手/鷹野朋子
タイミング/安斉公一 フィルム/報映産業 現像/東映ラボ・テック 特別協力:里見瑤子
協力/後藤大輔、風間今日子、江尻大、荏原ヒロシ、幸野賀一、小森俊兵、佐藤吏、渡邊元嗣、高井戸倉友会
    杉の子プロ、荒木太郎、飯岡聖英、田中康文、小林徹哉、福原彰、アシスト/マジックアワー
出演/山本純子…小池絵美子、篠原久美子…吉行由実、里中あかり…淡島小鞠
   山本俊夫…野村貴浩、篠原茂樹…サイコ国沢、草間直人…越智哲也、弁当屋主人…池島ゆたか
   弁当屋その客…佐々木麻由子、佐々木基子、佐々木ユメカ

★★★★ 新人監督とそれを支えるスタッフ・キャストの心意気の伝わる力作で珍品

社宅住まいの純子は近所の弁当屋でパートをしている。常連客の郵便配達屋とはブロックサインで不倫の駆け引きをする仲。今日も仕事を早めに切り上げて社宅で密会。それを隣に転勤してきたばかりの篠原の妻、久美子が覗いていた。冷めた夫婦関係の久美子は若い郵便局員と純子との不倫に興奮と嫉妬を覚え、純子の夫に密告文を送りつけたり、自分宛に書留を送り郵便局員を部屋に連れ込もうと画策を計る。
郵便局員はちゃらんぽらんな性格だが純子には不倫以上の愛情を感じていて冗談めかしではあるが田舎に帰って農業を継ぐから一緒に来て欲しいと純子にプロポーズをする。純子には夫が居るし歳の差もあるので笑い飛ばすが心は揺れる。


社宅妻 ねっとり不倫漬け

新人監督のデビュー作と言うことでピンク映画でおなじみのスタッフ・キャストがこれでもかと言うくらいに集結。野心的な作風やテクニックも披露し、気合は感じた。小手先の上手さも有り、破綻しかけた物語をなんとかまとめ上げることには成功しているので、この監督の次回作への期待が高まる。
オープニングで佐々木 ユメカ、真由子、基子と言うベテランピンク女優がワンシーン競演しているのだが、本当に出だしのワンシーンだけで、ちょっと席を移動している間に終わってしまい私は見逃してしまった。だって隣でオッサンらがチンコ吸ってるんだもん逃げるさ。お遊びのワンシーンだが、ピンク映画ファンにはたまらないワンシーンだったのに・・・。
主演の小池絵美子はポスターやスチールとは印象が違い、もっと若々しくて可愛い印象で凄く魅力的だったので、逆に中年オバサンと若い郵便配達の不倫の純愛の葛藤が感じにくかった。そして隣の覗き見オバサン吉行由実が完全に食っていた。もうコッチが主役。
凄く面白かったのだがヒロインの夫婦関係がよく分からず、顛末もキッチリとは描いていないのでモヤモヤした。
突っ込みどころも多いが随所に映画的な魅力に溢れていて気になる一編。


(2010年9月19日(日)中村映劇 ネット割引1,000円)
同時上映「折檻調教 おもちゃな私」
     「超過激 淫らな浴室」(旧題「過激!!同性愛撫 蜜の舌」)

スポンサーサイト
[PR]

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/09/21 21:53】 | 「さ」行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<中村映劇2010年9月19日(日) | ホーム | 折檻調教 おもちゃな私>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fujirusi.blog120.fc2.com/tb.php/166-a8dc1004
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。