FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
中村映劇2010年9月19日(日)
中村映劇 2010年9月17日(金)?23日(木)
moblog_21a378db.jpg

社宅妻 ねっとり不倫漬け
  ★★★★
  2009年 オーピー 監督/小川隆史 出演/小池絵美子、吉行由実、淡島小鞠
折檻調教 おもちゃな私
  ★★★
  2009年 オーピー 監督/松原一郎 出演/吉行由実、酒井あずさ、佐々木基子
超過激 淫らな浴室(旧題「過激!!同性愛撫 蜜の舌」)
  ★★★
  1994年 新東宝 監督/珠瑠美 出演/柴田はるか、本城未織、麻生雪

一部で評価の高い「社宅妻 ねっとり不倫漬け」が目当てで観に行った。新人監督のデビュー作とかでピンク映画の監督陣や役者たちが友情総出演していたりする中、創意工夫を凝らした脚本・演出で楽しめた。
三本とも淫らな乱交やレズがてんこ盛りで劇場内の乱痴気騒ぎと相まって妙な心持ちだった。

三本中二本が吉行由実主演だったのには驚いた。
しかも昨年の映画。最近では濡れ場を要求されていないと聞いていたが主役。一本は脇役だが完全に主演を食ってしまっているので主演と言い切ってしまう。個人的には監督としては好きだが女優としては好みではない。でも身体と存在感は流石。二本とも真逆の役どころで、それは面白かった。

そう言えば、日曜日に中村映劇に行くのは初めてだった。
なんとなく土日祝日に行くのは怖くて避けていたのだが、もうすっかり慣れてきたので、案外日曜日は空いてるかもと気軽に行ってしまった。
夕方近くに行ったら、客は20人?30人程度だったが女装子が3?4人居て、あちこちで囲まれていたり、オヤジのチンコ吸っていたり、親父たちもそれ目当てでウロウロしていたり、席に着いてもソワソワと客席を見回ったりして落ち着きのない感じが場内に広がっていた。

夜7時を過ぎると急に客は減ったが、昼間はどれほどの混み具合だったのだろう、場内にはティッシュやら何やらゴミだらけだった。
女装子らはスクリーン端のカーテンの所を荷物置きに使っているらしく、大きなカバンをそこから取り出してトイレで着替えているようだった。

なるべく土日祝日に中村映劇に来るのはやめようと思った。
どうしても来るのなら最終回。そう肝に銘じた。


中村映劇
(2010年9月19日(日)中村映劇 ネット割引1,000円)

スポンサーサイト
[PR]

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/09/21 22:55】 | 2010年劇場鑑賞 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<七人の人妻 不倫のよろこび(旧題「本番不倫 七人の人妻」) | ホーム | 社宅妻 ねっとり不倫漬け>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fujirusi.blog120.fc2.com/tb.php/163-fe7db9f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。