FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
三匹の奴隷 (DVD題「とりこ ?虜?」)
三匹の奴隷 とりこ 虜
2009年4月28日公開 製作・配給…新東宝映画 SM/調教/オムニバス
監督…佐藤吏 企画…福俵満 脚本…金村英明 撮影…小山田勝治 照明…ガッツ
音楽…大場一魅 編集…酒井正次 録音…シネキャビン 助監督…江尻大
出演/亜紀…亜紗美 奈津子…友田真希 詠美…真咲南朋
    梶原…那波隆史 島村…なかみつせいじ M女…黒木みらい 部長…柳東史

★★★★ キャラの濃い調教師の奮闘劇をM女のモノローグでオムニバス

貞淑な妻だった奈津子は夫の連れてきた緊縛調教師 梶原によって真性のM女に目覚める。性に目覚めた奈津子は夫では物足りなくなり梶原の元に通うようになり、とうとう夫と娘を捨てて奴隷の道へと走る。
OLの詠美は高飛車な態度が祟ってSと思われがちだが実はM。梶原の奴隷で縄の虜だったが、最近梶原に別の奴隷が出来たのか相手にしてくれず嫉妬にかられる。合鍵を使って梶原の家に忍び込み押入れから梶原と新奴隷のプレイを覗き見すると、そこにはご主人様の意外な姿が・・・。
出張S女王の亜紀は実は真性M女だったが、それを本人も気づかず客に対して無茶なプレイをしていた。店長の依頼で梶原が亜紀を調教しM女として目覚めさせるが、二人には深い因果関係があった・・・。

三匹の奴隷 三匹の奴隷

Mに目覚めた女の姿をそれぞれのモノローグで綴ったオムニバスで、女優の魅力が光り、エピソードも面白いのだが、緊縛調教師 梶原のキャラが漫画的に濃くて、堕ちていく女たちの姿よりも目立っていた感じがした。
それはそれで悪くないのだが、短編のエピソードで描くには物足りない。第三章でストーリーが繋がるのだが、それによる感動が足りない。第二章がいらない。一章と三章だけでキッチリ作って欲しかった。
第二章はそれ単体で面白すぎるので、これも60分でイケると思う。3部構成で描くには二時間は欲しい。
映像も綺麗だし、面白いし、役者も友田真希、真咲南朋、亜紗美、なかみつせいじ、それぞれがこれまでに観た映画の中でも一番魅力的に見えた。
緊縛師 梶原を演じる那波隆史は良いけれど脇役にするには面白すぎるし主役にするには控え目すぎる。梶原目線の四章が欲しかった。
おそらく2?3日で撮った超低予算のピンク映画なので仕方ないのかもしれないが時間経過が感じられず、また演出なのか子役がキャスティング出来なかったからか子供の存在が不鮮明で、てっきり病んだ妻の幻想に見えてしまい残念だった。
なまじっかな良く出来ている分、粗が気になる映画だった。

(2010年9月10日(金)中村映劇 ネット割引1,000円)
同時上映「愛液ドールズ 悩殺いかせ上手」
       「ザ・妊婦 不倫!多情!淫乱!」(旧題「ザ・妊婦」)

スポンサーサイト
[PR]

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/09/11 16:56】 | 「さ」行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ザ・妊婦 不倫!多情!淫乱!(旧題「ザ・妊婦」) | ホーム | 愛液ドールズ 悩殺いかせ上手>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fujirusi.blog120.fc2.com/tb.php/155-cb341a61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。