FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ザ・種馬(別題「人妻と馬 うずく快感」)
moblog_01c0374f.jpg 人妻と馬 うずく快感
1986年 新東宝 獣姦モノ
監督/川崎軍二 
出演/美波里花、田代葉子

★★★ 馬のチンコを咥える若妻

牧場に馬の種付けの季節がやって来た。
その牧場で働く信次は新婚ホヤホヤ。新婚旅行から戻ってきて新妻とともに牧場での新たな生活を送ることになる。
牧場主は二人を温かく迎えた。牧場主は妻の不注意により半身不随だった。
自分の不注意で夫を半身不随にしてしまった若妻は夫を愛しながらも新婚夫婦の営みを目撃して欲求不満を募らせていく。
夫はそんな妻を不憫に思い「私を棄てなければ浮気をしても構わない。」と妻に告げる。
妻は夫を愛しているので浮気をするつもりはないが身体の火照りが収まらない。
新婚夫婦はお盛んだし、種馬のチンコは立派すぎるし、ついに若妻は馬のチンコを咥え、それを自分の中に挿れる。
そんなこんなしてたら旦那の足は治るかもしれないと言われ、妻は大喜び。全裸で馬にまたがり野原を駆け抜けるのだった・・・。


獣姦モノは初めて観た。流石に馬と絡むのは命がけなので、おそらく作り物だろう。そんな奥様はなかなか良い身体していて、特に美脚が素晴らしい。顔は今風でも好みでもないが、あの足はたまらん。それだけで楽しく観れた。
この映画、もともと「ザ・種馬」というタイトルで以前に「人妻と馬 うずく快感」と改題して公開されたようだが、また旧題に戻っての再公開のようだ。でも、詳細がネットでは検索できなかった。
いろいろ辿って「人妻と馬 うずく快感」が同じ映画らしいことはわかったが、その紹介ページではオーピー映画になっているし、出演者もメチャクチャ。サブヒロインが岡田智宏になっているは信次は佐々木麻由子になってるし、その二人とも出てないし、監督名は合ってるけれど他のスタッフは怪しい。でもストーリーは合っている。
ネットの情報もあまり当てにしちゃーいけねーと感じた一作。


そんな情報があやふやな「人妻と馬 うずく快感」の解説ページはコチラから。

(2010年9月2日(木)内田橋・南映画劇場 1,500円)
同時上映「濡れた宅配妻」(旧題「宅配妻 濡らしてまって!」)
      「性交エロ天使 たっぷりご奉仕」
 

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/09/05 17:51】 | 「さ」行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<南映 2010.9.2 切り替わって初日 | ホーム | 濡れた宅配妻(旧題「宅配妻 濡らしてまって!」)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fujirusi.blog120.fc2.com/tb.php/151-c1d9b034
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。