FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
したがる母さん =若い肌の火照り= (DVDタイトル「恍惚 KOKOTSU」)
したがる母さん 恍惚 KOKOTSU
2008年11月7日公開 製作・配給/国映 新東宝映画  製作/Vパラダイス
監督/堀禎一 企画/朝倉大介 プロデューサー/衣川仲人、森田一人、臼井一郎
脚本/佐藤稔 撮影/清水正二 編集/有馬潜 録音/シネキャビン 助監督/永井卓爾
出演/かなと沙奈・速水今日子・青木りん・杏ののか・吉岡睦雄・下元史朗・飯島大介・水沢萌子・川瀬陽太

★★★★★ 濡れ場で語る成人映画ならではの名作! ほのぼのします。

身近でくっ付いたり離れたりと描き方によってはドロドロの話なのだがカラっとした爽やかさがあり、それでいてしっとりと切ない佳作だ。しかも物語を成人映画のお約束であるセックスシーンで描いているところが良い。同じ歳の義母とのセックスで描かれる二人の感情が温かみと切なさがあわさってそれでいてほのぼのとしていて、まさにセクッスシーンでしか描けない描写に興奮した。実母がちょっと若すぎる感じもしたが60近いおばさんのHを見せられてもアレなので。
主演のかなと沙奈は絶世の美女ではないが役柄にはピッタリ!
じんわりとくる、いい映画だ。


恍惚 KOKOTSU したがる母さん

?あらすじ?

親子ほど歳の違う男と結婚をした沙奈。その夫が死に同じ歳の義理の息子と二人暮しとなった。若い身体をもてあましお互い納得の上で関係を持つ。思い出詰まった寝室で夫の枕の臭いを嗅ぎながら抱かれる。しかし息子は魅力的な義母とのエッチに恋愛感情を隠せない。息子には爆乳の彼女がいるが若い義母を見て二人の仲を察して去っていく。
その頃本家では未亡人となった沙奈に亡き夫の弟との縁談が持ち上がっていた。
また沙奈の親友カップルの男は沙奈の元彼で未亡人となった沙奈にムラムラ。
そして昔出て行った実母も帰ってきて、なんとか平和に暮らしていた沙奈と息子だったが、いつまでもこの関係を続けてはいられないのかも知れない。
ついに家を出る決心を固めた沙奈。息子もそれを受け入れ最後の思い出に一発。優しく微笑ましい濃厚セックスだったが急の来客に驚き思わず中出し。


(2010年3月20日中村映劇1200円)
同時上映 「見られて燃えた姉夫婦」
       「好きもの家系 とろけて濡れる」
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/03/23 21:45】 | 「さ」行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<好きもの家系 とろけて濡れる | ホーム | 見られて燃えた姉夫婦 (旧題「露出狂姉妹」)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fujirusi.blog120.fc2.com/tb.php/13-10e86b8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。