FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
南映 2010年8月1日(日) 三本立て
内田橋南映画劇場  7月29日(木)?8月2日(月)
moblog_815dfa77.jpg
「喪失(妹)告白 恥じらいの震え」
  ★★★
  2010年 オーピー 監督/吉行由実 出演/延山未来、真咲南朋、吉行由実
「熟女7人淫乱天国」(旧題「七人の熟女 淫乱」)
  ★★★★
  1994年 新東宝 監督/深町章 出演/石川恵美、林由美香、橋本杏子
「甘い絶叫 淫らな内股」(旧題「変態暴行 甘い絶叫!!」)
  ★★★
  1991年 新東宝 監督/本井了 出演/森川いづみ、美山かほ、渡辺千尋


映画1,000円デーだと言うのに割引のない成人映画館に行ってしまった。
本当は渡辺謙・デカプリオの「インセプション」も観たかったが時間調節がつかずピンク映画を優先。この後でシネマテークに「スリップ」(成人館公開題「熟女 淫らに乱れて」)を観に行くつもりでもいたが、テークも割引はないかもしれないし、やはり三本で1,000円前後で観れるピンク映画を一本1,200円で観るのには抵抗があり、三本立て観た直後ではもうお腹一杯なのでそのまま帰宅。

「喪失(妹)告白 恥じらいの震え」は「裸身の裏顔」の吉行由実監督作品だったので観たかった。イケメン、カワイコちゃんの揃う美しい映画だったが、ちょっと展開やストーリーがわかりにくくて残念。
「熟女7人淫乱天国」は先日中村映劇で似たようなタイトル、同じスタッフ・キャストの映画「人妻13人乱交パーティー」を見逃したので、その代わりとして観たかった。一週間前に上野オークラで観た「ニッポンの猥褻」と同じスタッフ・キャストで似た印象の映画だったが、お気に入りの橋本杏子の出番が少なくてちと残念。
「甘い絶叫 淫らな内股」は主演の森川いづみのファンだったので観たかったが、ただのお飾りにすぎず、お話も行き当たりばったりの爽快感のないもので残念。
そんな残念・残念・残念と言いながらもピンク映画としてはレベルは低くないし、それなりには満足した三本立てだった。

日曜の昼だと言うのに客は少なく10人くらい。
こんなに良い映画館なのに勿体無いなーと、いつものような思っていたら、映画が終わり場内が明るくなると前の椅子のシートにアブラムシが2?3匹うごめいていてビックリ。嗚呼もう!


南映
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/08/05 19:42】 | 2010年劇場鑑賞 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<スコーレ 2010年8月7日?13日 城定秀夫特集 第一部 | ホーム | 熟女7人淫乱天国(旧題「七人の熟女 淫乱」)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fujirusi.blog120.fc2.com/tb.php/128-d4758e95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。