FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
上野オークラ2010年7月25日(日)メモリアル三本立て
上野オークラ劇場(旧舘)
 7月25日(日)?27日(火) OP&新東宝メモリアル作品特集!

枕絵のおんなニッポンのわいせつ江戸の淫霊

秘技四十八手 枕絵のおんな
  ★★★★★
  1994年 大蔵映画 監督/小川和久(小川欽也) 出演/藤崎あやか、水鳥川 彩、岸加奈子
ニッポンの猥褻 絶倫好色一代記 (旧題「ニッポンの猥褻」)
  ★★★★★
  1993年 新東宝 監督/深町章 出演/橋本杏子、石川恵美、アイリーン、岸 加奈子、林 由美香
色欲怪談 江戸の淫霊
  ★★★★★
  1997年 OP映画 監督/酒井信人 出演/陳黛英、ちよみ


今年度ピンク映画業界最大のニュースは上野オークラ新館オープン!
それに伴い約50年の歴史を持つ旧館が8月1日をもって閉館する。
そのクロージング企画として3日交代で様々な映画を上映していて、この日は「OP&新東宝メモリアル作品特集!」として30周年だの40周年だのと言った記念の超大作の三本立てで通常のピンク映画よりも金の掛かった力作が揃い見応えのある番組だった。
おそらく通常の2倍から3倍くらいの予算でそれでも1千万円以下の低予算だとは思うが、やはりせめてこれくらいはないと映画として成り立たない。時代劇、歴史ロマン、怪談とバラエティーに富み、それでいて役者の演技も冴え渡り美人度も高い。
ピンク映画もとうとう年間の新作本数が50本を切りそうで劇場もどんどん閉館して風前の灯状態。
そんな中での新館オープンはまだまだピンク映画を潰さないぞ!と言う大蔵の強い意志を感じるが、ここはひとつ映画作品も、もう少し予算アップをして良質な映画を生産して欲しいとも思う。厳しいとは思うけれど今回の番組を観るとこれくらいのレベルは維持しないと金は取れないとも思う。
面白かったけれどそんなことも思ってしまった番組だった。

上野オークラはピンク映画の最大手大蔵映画の直営館でピンク映画の聖地として知られていた場所。私も何度も劇場前を通ったことはあったが、一度も入ったことはなかった。結局のところ入らずに終わるものと思っていたが、たまたま東京方面に行く機会があり無理して上野オークラに寄ることが出来た。
待望の聖地巡礼が出来てそれだけで満足だったが映画も面白くて大満足。
でも公式ブログでの親切な語り口とは違いスタッフの対応はぶっきらぼうで不親切な感じがしてガッカリ。所詮、成人映画館なんてこんなものかと失望したが、それでも態度は悪かったけれどやるべきことはちゃんとしてたし、場内に入ると椅子を占拠して横たわっている客がいたり無駄にうろついていたりする客など、やはり一筋縄ではいかない客もいて物腰柔らかなスタッフばかりでは対応できないので致し方ないことなのかもしれない。

そんな場内はつやつやしたコンクリート仕立てでやたらと天井が高く、幅は狭いが縦に長く、別料金の二階席もあり、昭和の場末の映画館と言った感じ。スクリーンは思ったよりも小さめだが映画が始まると大きく感じる。スクリーン位置もやや高めに設置されているので前の人の頭で邪魔になったりはしない作りで良かった。
日曜日の夕方に入ったが1階席は20人前後くらい。ホモとか女装子とかはパッと見た目いなさそうだったので、やはりホモのプレイスポットでなければ客は集められないのかと残念にも思う。こんなに良い番組で映写状態もよく、トイレ・ロビーもキレイなのに勿体無い・・・。

おそらく最初で最後の上野オークラ旧舘巡礼だった。
残念ながら500円一本立ての地下劇場は8時で上映が終わっていて入ることは出来なかった。


上野オークラ 上野オークラ


(2010年7月25日(日)上野オークラ劇場 1,600円)

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/07/27 11:26】 | 2010年劇場鑑賞 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<八神康子 熱い湿地帯 (旧題「八神康子ONANIE」) | ホーム | 色欲怪談 江戸の淫霊>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fujirusi.blog120.fc2.com/tb.php/119-4b4198da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。