FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
女囚房 獣のように激しく!
女囚房 獣のように激しく!
1999年/製作:フィルムハウス/提供:Xces Film/61分/女囚もの
監督:勝利一/脚本:国見岳志/撮影:松尾研一/照明:白石宏明/編集:金子尚樹/録音:シネキャビン
助監督:高田亮:古賀正敏:村上宣敬/スチール:本田あきら/ヘアメイク:小川幸美/現像:東映ラボテック
◆キャスト◆
藤浦智江:かとうみゆき/藤原いずみ:里見瑶子/石田辰子:佐々木基子/根岸カオリ:篠原さゆり
北原栗子:扇まや/島本功一:山内健嗣/明石三郎:岡田謙一郎/山神勤:坂本大地/刑事A:熊本輝生

★★★ 凡作だけど女優陣はちょっと魅力的

かとうみゆきって、あの「ラストキャバレー」の美少女かとうみゆき?10年の充電期間を置いてプロダクションの社長と言う肩書きで復帰して挑んだピンク映画が女囚物って・・・。どんなんだろうと観たのだが、顔にオバサン臭さを感じるものの声と喋り方とたたずまいは美少女を引きずっていて、一応根は純粋というキャラではあったがミスキャストと言うか違和感は感じた。良い身体はしているので明るい役どころの方がハマったのではないか?それでも「ラストキャバレー」で私をメロメロにしたかとうみゆきが大胆な濡れ場を演じてくれているのは嬉しい。しかし、なんだろ?つまんない。画面から面白さ「熱」のようなものが一切感じられない。定番の女囚物のセオリーに従い見せ場もたっぷりだしストーリーも出来損ないではあるが、それなりに面白いのに監督の才気を一切感じない凡作。どこを切っても、あまりにもつまらなさすぎて逆に面白い。熟女女優として活躍する里見瑶子の若かりし肉体も拝めたので見所は多い映画なのだが、それでも観て良かったような、どうでも良かったような不思議な感覚に囚われた一作だった。

女囚房 獣のように激しく!女囚房 獣のように激しく!女囚房 獣のように激しく!女囚房 獣のように激しく!女囚房 獣のように激しく!

?あらすじ(ネタバレあり)?

銀行員だった智江は恋人の島本にそそのかされ横領の手引きをしてしまう。逃亡先の隠れ家が警察に包囲されるが島本を逃がすため刑事を刺し捕まり一人だけ投獄されてしまう。
そこは悪徳所長と女刑務官が支配し、牢屋にはレズビアンが待ち構えている場所だった。
ついこの間までエリート女子行員だった智江を心配して刺された刑事がときおり様子を見に訪れていた。

智江は悪い男に騙されただけの純な女。そして騙した島本は智江の妹いずみとイイ仲になっていた。
もともと島本に気があったいずみがタレコミをして智江をハメたのだ。姉の恋人を奪って満足気のいずみだった。しかし、島本はいずみに智江の所へ面会に行けと言う。智江は銀行から奪った3億円を何処かに隠していると言うのだ。
いずみは面会のときにそれを聞き出そうとするが、3億を隠し持っていることを女刑務官に知られ、それは所長の知ることとなった。所長たちは3億を横取りするために智江と同じ部屋のレズビアン二人組みを使って責めたてるが、意志の強い智江は女刑務官やレズビアンの責めに耐え、やがて所長の悪事も警察に知られることとなり、そして刑期を全うし遂に出所の日を迎えることになる。

智江を迎えに来たのはいずみだった。そして3億の隠し場所へと向かうが、そこには島本がいた。しかし、既に島本といずみが騙していることに気づいていた智江は刑事に密告し二人を逮捕させた。
隠してあった3億は銀行の有価証券で、智江が横領した事件によりすでに倒産したため紙くずと化していた。
しかし、それはフェイク。
いつの間にか怪我を負わしたあの刑事と恋仲になっていた智江は別に隠していた3億円をまんまと二人のものにし、全てを、警察さえも出し抜いてハッピーエンド。二人は獣のように欲望の赴くままに抱き合うのだった。


(2010年7月18日(日)内田橋・南映画劇場 1,500円)
同時上映「最後のラブドール 私、大人のオモチャ止めました」
      「巨乳家政婦 内緒の裏メニュー」 (旧題「いたずら家政婦 いじめて縛って」)

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/07/23 13:02】 | 「さ」行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<巨乳家政婦 内緒の裏メニュー (旧題「いたずら家政婦 いじめて縛って」) | ホーム | 最後のラブドール 私、大人のオモチャ止めました>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fujirusi.blog120.fc2.com/tb.php/111-4d4dbe78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。