FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
納屋橋劇場(閉館)ピンクの劇場その6
行ったことのある成人映画館を個人的感想をまじえてご紹介。
第六回は既に閉館して久しい『納屋橋劇場』です。
一度しか行ったことはなく、二度と行きたくないと思いつつも、無くなると寂しい、だけどおぞましかったホモのメッカ。その魂は今池地下に今も生きる。

納屋橋劇場(閉館)
名宝会館の隣で実は東宝直営館にして中部地区髄一の稼ぎ頭だったとか?ホモのメッカとして有名だった。
納屋橋劇場
納屋橋劇場(2002年前後あたりに閉館)
住所 :名古屋市中区栄1-2-3
アクセス :地下鉄東山線伏見駅7番出口から西へ徒歩5分 名宝会館隣
電話 : 052-231-4038
座席数 : 286
駐車場 : ×
アルコール販売 : ×
●基本料金
一般¥1100 シニア¥1000 身障者¥1000
●割引情報
18:00以降の入場者 ¥500 映画の日(12/1) ¥900 サービスデー(毎月1日) ¥900

大正時代から続く名古屋最古の劇場だとか。
邦画の最近作、古典的名画、日活ロマンポルノの三本立てを一週間交代で上映。
閉館日不明。2002年12月1日の名宝会館閉館後もしばらくはあったような気はする。

●そこは映画ファンをゲイの道へといざなう魔の劇場●

近くにホモ・ゲイの連れ込みホテルがあったとかで、ホモのハッテン場として有名。
他では滅多に上映されない日本映画の名作「鞍馬天狗」とか「喜劇 駅前シリーズ」とか「東映任侠映画」とかを常に上映していたため映画ファンが間違って入ってえらい目に遭う事で数々のトラウマを生んできた伝説の映画館。

●そこは名古屋の中心部にあった●

名古屋のメインストリート広小路通りを名古屋駅から栄へと行くその中間地点にあり、当時、東宝名古屋支社の名宝会館の隣で、実は東宝の直営館だったらしい。
業界関係者に聞いた話では、中部地区で一番儲けていたらしく、名宝会館の赤字を埋めていたとか。
入り口付近はいつも閑散としていて儲かっている雰囲気は感じなかったが、ただ一度だけ入ったときは超満員だった。常にあの状態ならそりゃ大もうけだ。東宝もおおぴらにはできないが簡単には潰せなかったはず。

●通いなれた映画館のその隣、子供から男へ●

隣の名宝会館には子供の頃からよく行っていて、変な映画館があるなとは感じていた。
高校生になってすっかり映画ファンになっていた頃からその上映作品が気になりだした。
邦画の名作も観たかったし、ロマンポルノも気になった。18歳を過ぎた頃ここなら邦画の話題作を隠れ蓑にして成人映画を観ても良いのではないかと、そんな期待に股間を膨らましたものだった。

●ヤバイの意味●

ただ、ヤバイ劇場だとは聞いていた。
でもその頃は同性愛の世界のことなど知らなかったので、ヤバイと言うのはヤクザとかそのての危険人物が出入りする劇場なのではと思い込んでいた。
だから、「薄化粧」「ビルマの竪琴」「ラブホテル」の三本立てが上映されたときは、これなら大丈夫!と思ってしまった。
問題は三本目のポルノだと思っていたので、それが一応にっかつロマンポルノではあるが既に一般映画で地位を築いていた相米信二監督のアート系ポルノ「ラブホテル」だったので、この三本ならヤクザは敬遠し映画ファンが観に来るだろうと思った。

 薄化粧 ビルマの竪琴 ラブホテル

いや、それにしても凄い三本立てだ。
五社英雄に市川昆に相米慎二である。
緒形拳に中井貴一に柴俊夫だ!
今でも観に行ってしまう三本立てだ。そりゃ観るさ。三本とも見逃していたし、とくに「ビルマの竪琴」は観たかった。だから、日曜日の昼間に行った。
良い天気だった。
まさか、こんな良い日に、こんな良い映画に、あんな悪夢が待っているとは・・。

●暗闇の場内には白いモヤが立ち込めていた●

劇場に入ってまず驚いたのは閑散とした出入り口からは想像が出来ないほどの人の多さ。
立ち込めるタバコの煙。
せわしなく席を移動する人々。
席は6割ほど埋まっているが、通路や劇場後部には人が溢れかえっている。
なんなんだろう、ここは?
状況が掴めず、とりあえず後部の手すりに持たれかかって、目が慣れたところで席を探すつもりだったが、すぐに30代から40代くらいの太った兄ちゃんがすぐ横にやって来て手すりにつかまった手に手をくっけて来る。
気が付くともう片側にもオッチャンが、真後ろからも小太りの兄ちゃんがピッタリとくっ付けてくる。
スリか追い剥ぎかと思い、急いで場所を移動する。

●暗闇でピッタリ●

横の扉付近の通路が空いていたのでそこで立ち見していると、いつの間にか別の小太りの兄ちゃんがやって来ていて尻に股間をピッタリとくっ付けてきた。
変態が出た!
私は恐怖して、跳び逃げ空いている席に腰を下ろした。
大袈裟に逃げたので追っては来ないだろうと思ったのだが、真の恐怖はこれからだった。

●お父さーん、いらっしゃ?い!●

次から次へと席に座ってくるのである。
軽い中年サラリーマンがちょっかいをかけ、頑固親父がしなだれかかり、おじいさんが太ももを擦ってくる。
ヤバイとはソッチの意味だったのか!
当時、私は20前後でこの劇場には滅多に現れないピチピチのエサだった。小柄でおとなしめな映画オタクなので強引な手には弱い雰囲気をかもし出していたはず。
でも、ゴメンよ。俺は女好き。ホモの生態は知らずに間違ってホモ・ゲイの社交場に迷い込んでしまったがソノ気なし。ただ映画を観に来ただけ。毅然とした態度でオジサンたちをあしらうが、次から次へとオッサンは隣に座ってくる。

●必殺!ムンクの雄たけび●

ここがホモの社交場と気づいた地点で映画館を出れば良かったのだが、金を払った以上映画は観たい。
そして私はホモ親父がひしめき合う劇場で映画を観続けるのだった。
そして編み出した必殺技「ムンクの雄たけび」。
これは「ムンクの叫び」のような絶叫顔をしながら映画を観続けると言うもので、とっても気持ち悪い顔をし続けるのだ。ムンク顔と言うよりも顔面神経痛の障害者。ぜったいやってはいけない顔である。
流石のホモオヤジもこんな危ない男にはちょっかいをかけない危険な顔技であった。
しかし、それを超大作映画三本分6時間し続けるのは至難の技だった。
親父たちから貞操を守ることは出来たが何か大事なものを失った気がする。

●ポルノで一斉オナニー●

映画はとうとう三本目の「ラブホテル」に突入した。
ホモたちに女の裸のポルノが面白いのだろうか?と観ていたら濡れ場の少ない映画だったが、Hシーンになったら親父たちが一斉に自分のモノをしごき出した。
どうやら柴俊夫のケツに反応しているみたい。
おぞましい光景だった。成人映画館にもほとんど行ったことがなかった頃なので映画館で人目をはばからずオナニーすると言うのは想像もしていなかった。
なんかイスがネチャネチャしているような気がした。
私はザーメンまみれのイスに座っているのかもしれない。いや、座っているのだろう。
ホモオヤジたちの痴漢行為には対抗できたがこの事実には耐えがたかった。

●映画の印象●

結局のところ「ラブホテル」を最後まで観たかどうか覚えていない。おそらく三本ともキッチリ観たと思うが断片的にしか覚えていない。
「ビルマの竪琴」ではまだお宅訪問でブレイク前の渡辺篤史の語り口、「薄化粧」では当時まだギリギリアイドルだった松本伊代の太もも、「ラブホテル」では柴俊夫のケツ・・・。
せっかく観に行った映画なのに、顔面筋肉痛になりながら観続けた映画なのに覚えているのはこれくらい。
これで映画を観たと言えるのだろうか・・・。
カルチャーショックを受けて映画館を出る頃にはとっぷりと陽は暮れていた。
この日の出来事はしばらくは「私のすべらなーい話」として語り続けることになるが、二度とそこには行くことはなかった。
気がつくと名宝会館とともに劇場は取り壊され近くに流れる堀川沿いにひしめいていた怪しげな風俗店も取り壊されホモの街として知られていた納屋橋もノンケの目には普通の寂れた街へと移り変わって行った。

●納屋橋の魂は今池に受け継がれる●

しかし、そのホモたちの宴の魂は今も今池に生きている。
なんとなくソレは察知して今池地下劇場には近寄らなかったが、今年2010年になって入ってみたら、しっかりちゃっかり納屋橋劇場と同じ行為がそこで行われていた。
当時から今池もそうだったのか、納屋橋無きあとそうなったのかは私は知らない。知りたくもない。

そんなこんなで、語るには面白い、体験するにはおぞましい、過ぎ去りし納屋橋劇場の思ひ出・・・。


納屋橋劇場について熱く語られた誰かさんの文章→http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Cosmos/3808/21.text.html


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/09/29 00:47】 | ピンクの劇場 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
春日井ユニオン劇場 ピンクの劇場その5
行ったことのある成人映画館を個人的感想をまじえてご紹介。
第五回目は名古屋市の北隣の春日井市にある『春日井ユニオン劇場』。

 春日井ユニオン劇場
隣に保育園!喫茶店を併設しているそこは老夫婦が営む人情味溢れる映画館だが、女装子の憩いの場でもあった。
春日井ユニオン
住所 愛知県春日井市八事町1丁目45
電話番号 0568-81-3381
入場料 三本立て 1,500円 (スタンプサービス有り5回入場で一回無料) 
駐車場完備
JR中央本線「春日井駅」下車、徒歩15分。春日井保育園隣。

新東宝、オーピー、エクセスの三本立て上映。
休憩なしでエンドレスに三本を続けて上映。
併設の喫茶店には行き来自由と思われるが、喫茶店は日曜日は休業。
女装子に対して理解があり、日曜でも喫茶店奥にて着替えをさせてくれる。
昭和の時代の標準的広さで過ごし易く、映写環境も良い。
日曜日に一回行っただけだが、20人前後の入りだった。

女装子の憩いの場でアチコチで囲まれてエンジョイプレイ。
ノンケに害は及ばないが、知らずに入るとカルチャーショックを受けること必至。


JR中央線で名古屋駅から15分320円で春日井駅で下車して歩くこと15分。商店街の角を曲がり公園の向かい、春日井保育園の隣に成人映画専門館「ユニオン劇場」が現れる。喫茶店を併設しているので喫茶ユニオンとして知られている場合もあるようだ。
平日などは保育園に子供を送り迎えするお母様たちがお茶したりするのだろうか?
日曜日の昼過ぎに一度行ったきりなので、その日以外の雰囲気は計り知れないが、意外と健全な雰囲気漂う良い環境の映画館だった。

駐車場には10台ぐらいはとめられると思うが地方から来られる方も多いようで満員だった。
ここは女装子に優しい映画館として有名みたいで、気の良い老夫婦が親切に出迎えてくれる。喫茶店の奥に座敷があるとかで、そこで女装することが出来るらしい。日曜日は喫茶店は休みだが着替えはさせてもらえるみたい。
私が行った日は団体で女装子らが来ていて劇場ロビーで楽しく談笑したり、劇場内で集団痴漢プレイを楽しんだりしていた。

劇場内は広く、スクリーンも大きく、映写状態も良く、番組もそれなりに良く、トイレもきれいで成人映画館としては最高ランクだと思う。
ただ、女装子と女装子目当ての客が多いので、女装子が席に座ると一斉に女装子を囲み何やらおっ始まる。15分ほどで一区切りし、客は元の席へ帰っていくが、また別の場所で宴が始まり、その度に5?6人の客が集まり、その中心で女装子が女のような喘ぎ声を漏らす。
ノンケには害は及ばないが、その状況を受け入れる度量は必要。

客は比較的若い客が多かったように思う。30代くらいの男性が目立った。
そのためか、やたらと携帯電話が鳴り響いていたり、平気で電話していたりと、若い客のマナーがなっていないのが気になった。

保育園と喫茶店と成人映画館、その中には女装オヤジと集団痴漢。そしてそれを受け止める老夫婦。
この大らかさはなんなんだろう。
平日にも訪れて違った面も見てみたい劇場ではある。


春日井ユニオンへ行ったときの記録はコチラ→ http://fujirusi.blog120.fc2.com/blog-entry-41.html
女装嬢による親切丁寧な紹介ページはコチラ→http://josuu.web.fc2.com/Cinema-kasugai.htm

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/09/18 09:06】 | ピンクの劇場 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
シネラマパワー ピンクの劇場その4
行ったことのある成人映画館を個人的感想をまじえてご紹介。
第四回目は名古屋市と岐阜市の中間にある一宮市の『シネラマパワー』。

 シネラマパワー
にっかつロマンポルノを上映していたが、それも終了。後には上映環境最悪の地方の映画館だけが残る・・・。
シネラマパワー
住所 愛知県一宮市開明字名古羅8?1
電話 0586-44-8955
名鉄「新一宮」乗り換え、名鉄尾西線 玉ノ井 行き「開明駅」下車、徒歩5分
開明交差点よりスグ。真向かいにガストあり。
入場料 三本立て 1,200円
駐車場完備 火曜、定休日(祝日の場合営業の可能性あり)

日活封切館として2010年5月頃までロマンポルノを上映していたが、現在はエクセス、新東宝、オーピー映画を三本立てにて上映。
休憩はなくエンドレスに三本を上映。
客席は80席前後、最後部座席は座椅子になっている。
中型規模の劇場。客入りは50代男性が目立ち15人前後と少なめ。
映写状態は光源が足りずボンヤリとしていて音響も割れていて聞きづらい最悪の環境。
ゲイ・ホモ、女装子も来るようだが2回観に行って出会ってはいない。多くはなさそう。


「シネラマ」という館名に引かれて名古屋から名鉄電車を乗り継いで小一時間と電車代880円使って行った先には畑と道路とファミレスしかない所にそびえ立つ、味のある昭和の映画館『シネラマパワー』。
尾西シネラマパワーと新聞には書いてあったが尾西市ではなく一宮市だった。
番組は良いのだがとにかく上映環境が悪すぎる。ときには映写のコマずれを起こしたまま映写し続け、注意しても年寄りの映写技師には直すことも出来ないありさま。

老夫婦だけで営業しているようだが、この夫婦が亡くなったら劇場が潰れるのは必至か?
数少ないロマンポルノ上映館だったが日活の意向か現在はほとんど上映されず通常のピンク映画のみの上映となってしまった。ロマンポルノが観られるのなら映写環境の不備も我慢するが、ロマンポルノが観られないならわざわざ行かない劇場である。

でも寂れた通りに忽然と佇むシネラマパワーは全然シネラマじゃないけど、なんか好き。
無くなったら寂しくなるので、また行きたい劇場ではある。

初めてシネラマパワーに行ったときの詳細記録はコチラ→ http://fujirusi.blog120.fc2.com/blog-entry-29.html

シネラマパワー シネラマパワー
なかなかインパクトのある佇まい。テントウムシの看板も意味不明で・・・♪

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/09/18 00:00】 | ピンクの劇場 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
内田橋・南映 ピンクの劇場その3
行ったことのある成人映画館を個人的感想をまじえてご紹介。
第三回は名古屋市内で唯一落ち着いてピンク映画を楽しめる『内田橋・南映画劇場(通称なんえい)』。

内田橋・南映画劇場(通称 南映)
名古屋ピンク映画の良心。落ち着いて巨大スクリーンでピンク映画を堪能できる稀な劇場。でもアブラムシが・・・。
南映
南映画劇場 (みなみえいがげきじょう)通称:内田橋・南映(うちだばし・なんえい)
〒457?0862
愛知県名古屋市南区内田橋1丁目1?10
TEL052?691?6101
ホームページ http://homepage3.nifty.com/a-sp/nanei-top.htm
(入場料)一般1500円 学生1300円
?アクセス?
地下鉄(名城線) 伝馬町(てんまちょう)駅 ?出口から 南へ直進 徒歩8分
名鉄(常滑線) 豊田本町(とよだほんまち)駅 から 北西へ徒歩10分
内田橋・南端すぐ
営業時間 午前10:30?午後9:00(上映作品によって変動)
ときおり旧作エクセス三本立てを1,000円にて上映。

エクセスの封切館。
エクセス、新東宝、オーピー映画三本立てで、それぞれ比較的早めに新作を上映。
一本ごとに休憩が5分入り演歌が流れる。
上映期間は3日?5日と短めで固定していない。
最終回が夕方6時前後と早め。
入場者数は土日平日問わず常時10人?20人前後。


女装子もホモ・ゲイの類もいなくて巨大なスクリーンで美しい画質でピンク映画を堪能出来る稀な成人映画館。
名古屋市内の他の二館に比べて若干お高めで、やや中心地から離れてはいるが地下鉄の駅から徒歩5分と比較的行きやすい環境。
でも、ホモ・ゲイを相手にしないと客は呼べないのか、番組はなかなか良いのに常に10人前後ぐらいとは切ない。
受付の応対も良好でトイレも綺麗なのに勿体無い。
個人的に、交通費と入場料で2千円を超えるのは一回で中村映劇二回分に相当。また、上映期間が3日?5日と短めで固定していないことと最終回が夕方6時前後と早めで、若干行きにくい劇場ではある。

でも、中村映劇、今池地下、尾西シネラマパワー、春日井ユニオン、大阪国際地下、梅田日活、上野オークラ(旧舘)と行った中でも施設・番組共に最良の劇場だと思う。
しかし、そんな風に絶賛していたら客席にアブラムシが!イスの上にお菓子を置いていたら袋の中にもアブラムシが侵入・・・。
また、最近になって音声の具合がイマイチのような気がする。若干小さいような。
惜しい!惜しいすぎるぞ。

売店では上映の終わったポスターも200円で売られているようだが、どうも常連が予約して買い占めているのか良さげなものは残っていない。

南映 南映 ロビー
売店と広いロビー、解説のプレスシートなども掲示。トイレも清潔。
南映 スクリーン 南映
舞台付の大スクリーンと余裕の165席。 劇場隣接の大駐車場は40台収容可。

【2010/09/17 00:00】 | ピンクの劇場 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今池地下劇場 ピンクの劇場その2
行ったことのある成人映画館を個人的感想をまじえてご紹介。
第二回はホモ・ゲイのハッテン場として有名なディープスポット『今池地下劇場』。

今池地下劇場
痴漢行為当たり前のホモ・ゲイのプレイスポット。ノンケには危険度MAX!覚悟して入場♪
moblog_0707fabc.jpg
〒464-0075 愛知県 名古屋市千種区内山 3-33-8
最寄駅 : 地下鉄東山線・桜通線「今池駅」直結  新今池ビル地下
連絡先 : TEL 052-741-6111 FAX なし
スクリーン・座席 : スクリーン 1
総座席数 88
入場料 : 名古屋初公開二本立て900円均一
ホモ・ゲイのプレイスポットとして全国的に有名な場所。
未確認だが午前11時前後から夜9時ごろまでの営業と思われる。

新東宝、オーピー映画の名古屋封切館。
新作二本立て(改題新作含む)名古屋初公開900円均一をウリに金曜切り替えで一週間上映。
休憩することなく新東宝、オーピーの二本を連続で上映。
土曜の昼間に一度行っただけだが超満員。常時100人がうごめいていた。

かつては映画館が8館(現在3館)もあり、デパート、サウナ、ライブハウス、風俗店、中華料理屋がひしめき合う名古屋の繁華街。かなり寂れた感はあるが名古屋のアンダーグラウンドの聖地としてディープな街、今池。
そのディープな今池を気軽にお安く体験できる施設が「今池地下劇場」である。
まともな神経とまともな性癖の持ち主なら2分で出てくること請け合い。

地下鉄の改札口から地下道を通って出てくる手前にその劇場はあり、名古屋市内の成人映画館としては最高の立地条件にあり、お値段も二本立て900円とリーズナブル。地下道も入り口も閑散としているが劇場内はオヤジたちの熱気で溢れている。

いや、まだ土曜の昼間に一回行っただけなので平日や日曜、夜の回などがどんな様子なのかはわからない。
でもここは全国的にもホモ・ゲイの社交場として有名なところで、劇場内のアチコチで交渉やオサワリ、即尺などが繰り広げられている。
私が観た限りオヤジたちはみな清潔感漂う普通の頑固オヤジで、とてもそんな性癖を抱えているとは思えないが、劇場内では乙女爆発、オヤジやその気のある青年の隣に座るや否やしなだれかかり、あっという間に股間に顔を埋めるのである。そしてコトが終わると席を移動し別のオヤジの元へ。花びら回転の風俗かと思った。しかも入場料以外はタダ。オヤジ好きのモーホーにとっては天国ではないか!
モーホーの掲示板などによると商売でうろつきまわるプロもいるとか。

ピンク映画ファンにとってはなかなか良い番組を組むので、うっかり女の裸見たさにポルノ映画を観に行ったら大怪我をする。痴漢行為は礼儀としてついてくるサービスなのでその気がないならそのたびに毅然とした態度で丁重にお断りする必要があるので、要注意の劇場である。とても映画を観る環境ではない。

映写状態は悪くないがスクリーンは汚れていて多少見づらい。
入場の再は券売機でチケットを購入。
入り口は閑散としているがロビーも場内もオヤジたちでいっぱいだ!

以前行ったときの記録がコチラ→ 今池地下劇場レポート
今池地下劇場
向かいには大きな郵便局があり、一階にパチンコ屋、中古CDショップなどがある新今池ビルの地下一階にオヤジたちのパラダイスが!

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/09/16 00:00】 | ピンクの劇場 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。