FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
理由あり未亡人 喪服で誘う (旧題「変態未亡人 喪服で乱して」)
理由あり未亡人理由あり未亡人
2003年3月29日公開 60分 製作…旦々舎 提供…オーピー映画  哲学風エロコメディ
監督・脚本…山邦紀 撮影・照明…小山田勝治 音楽…中空龍 録音…シネキャビン
編集…フィルムクラフト 助監督…栗林直人 スチール…岡崎一隆
出演/あやめ…川瀬有希子、もみじ…里見瑤子、鈴子…佐々木基子
    慎二…柳東史、吾郎…平川直大、ポスト男…なかみつせいじ

★★★★ ヤリマンVS股間パワー!

初老で金も無い冴えない男(なかみつ)は寂しさと絶望の中、ポストに寄りかかり立ち尽くしていた。そこへ喪服姿のあやめ(川瀬有希子)が手紙を投函しに来るがその手紙を男の口へと差し出す。
一年前に夫を腹上死させたあやめはそれ以来ヤリマンとなりヤケにモテる喪服姿で街を徘徊し男を誘ってはSMプレイをし続けていた。そして拾われた男も縛られ鉄ムチで叩かれながらも幸せを感じ、それ以来ポストの隣であやめが再び拾ってくれるのを待ち続けることになる。
あやめの同居人で義弟の慎二(柳東史)はあやめに想いを寄せていてヤリマン癖を直したいと、あやめの親友で巫女のもみじ(里見瑤子)に相談する。もみじは丁度、先日オナニーしているときに女陰にホトパワーが宿り、この力で世界を救いたいと神社を出てきたところだった。
あやめの家に居候させてもらうが、夫の死の際に霊的な啓示ににも似たヤリマンとしての生き方を変えることは不可能に見えた。
その頃、あやめの家には闇金の取立屋の吾郎(平川直大)が頻繁にやって来ていた。借金の形に家を乗っ取る気だったが訳の分からぬ巫女の登場に困惑、レイプして追い出そうとするが逆に巫女のホトパワーによりインポにされてしまう。
吾郎はそのことを掛かりつけの精神科医鈴子(佐々木基子)に相談。伝説では聞いたことのあるホトパワーを科学的に証明しようともみじをクリニックへと連れて来させる。
ホトパワーには精神を浄化させる力があると教えられたもみじは、ヤリマンを治すためあやめとベッドイン。しかし、ホトパワーを浴びたあやめはヤリマンが治るどころかレズでもイケることを悟ってしまう。
そしてあやめを待ち続けるポスト男は、女にも目覚めてしまったあやめの目に留まることも無くなり風景へと埋没していくのだった。


理由あり未亡人理由あり未亡人理由あり未亡人理由あり未亡人理由あり未亡人

幻想文学の古典、カフカの「変身」をピンク映画としてアプローチした山邦紀監督お得意のキワモノ映画。
つい先日観たばかりの最新作「美尻エクスタシー 白昼の穴快楽」と同じく精神世界とエロスと言うかシモネタを合わせたような奇抜な作風に唖然としたが、お尻の中にある神秘の目玉「尻小玉」あれよりは「ホトパワー」の方が理解できる分ついていけはした。
借金の形に利息代としてあやめの身体を頂くチンピラとのプレイがあやめにしばかれるSMプレイと言うのには笑った。
里見瑶子も若々しくて綺麗だったうえに弾けた演技が魅力的だった。
賛否両論に分かれる山崎作品らしいが、私は好きだ。
哲学的な要素たっぷりなのにインテリ臭さが微塵も感じられない、女優さんはみんな綺麗でエロシーンもたっぷりだけど、奇抜な展開すぎて興奮をし忘れてしまう。
変な映画だ。
浜野佐知監督の脚本家としても妙な物語を描いているが自身の監督作となるとさらにタガが外れるみたい。監督作をチェックしてみたくなった。

(2010年12月4日(土)中村映劇 ネット割引1,000円)
同時上映「アラフォー離婚妻 くわえて失神」
      「すけべ家族 浴室の絡みあい」(旧題「超いんらん家族 性欲全開」)

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/12/06 01:29】 | 「わ」行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
和服妻 蜜ツボの味(旧題「人妻 あふれる蜜ツボ」)
  和服妻 蜜ツボの味    人妻 あふれる蜜ツボ
2005年9月9日公開 製作・配給…新東宝映画 シリアス/戦後/没落貴族
監督・脚本…深町章 企画…福俵満 撮影…清水正二 編集…酒井正次
録音…シネキャビン 助監督…佐藤オサム スチール…津田一郎
出演/正田瑞穂…里見瑤子、三橋麗子…佐々木ユメカ、久保田まゆみ…吉沢明歩
   正田元義…岡田智宏、太田光男…千葉尚之、大河原元…川瀬陽太

★★★★ 没落貴族の黄昏。里見瑤子が美しい。

昭和22年。戦後の混乱期の中で華族だった正田家にも落日の日が近づいていた。
戦争未亡人となった瑞穂は亡き夫の遺影の前で学徒出陣の実況放送のレコードを流しながらオナニーにふけっていた。
かつてその夫を取り合った恋敵の麗子は闇市で知り合ったと言うヒロポン中毒の学生とともに瑞穂の家に厄介になっていた。
以前はお抱え運転手だった大河原はこの家と土地を狙って屋敷に訪ねて来るが瑞穂は土地を手放すつもりはない。大河原は女中のまゆみに一緒に組まないかと誘い強引に犯すが、まゆみはこの家の弟で戦犯で拘留されている裕輔の帰りを信じ待ち続けていた。
しかし、その夜裕輔の死刑が伝えられる。
相続人のいなくなった正田家に残されたのは当主の未亡人の瑞穂と女中のまゆみだけ。
麗子はかつての恋敵にちょっとした嫌がらせをしてから心中するつもりでいたが瑞穂に会い、それでも生きることを決める。
瑞穂もまたこのままここでまゆみとともに暮らし続ける覚悟を決める。

人妻 あふれる蜜ツボ人妻 あふれる蜜ツボ人妻 あふれる蜜ツボ人妻 あふれる蜜ツボ人妻 あふれる蜜ツボ

ピンク映画の女優として長く数多く出演している里見瑶子。5月に観た関根監督の「派遣の性癖 美白びんかん巨乳」(2009)で魅力を感じて以来、出演作に注目していたが、たくさん出ているけれどろくな役をやっていない。基本濡れ場要員でひと絡みあるだけで上品な顔立ちのわりに下品な役ばかりで、ちゃんとした主演作を見たいと熱望していた。かつては主演作もいっぱいあったようなのですぐ観れると思ったが案外主演作を観る機会に恵まれなかった。
やっと主演作が観れると思って久しぶりに名古屋の隣、春日井市まで出かけて観に行った。
そこには私が見たかった清楚で美しい里見瑶子さんの姿があって嬉しかった。でも残念なことに絡みシーンは一回のみ、オナニーと入浴シーンがそれぞれ一回。メインの絡みは佐々木ユメカに持っていかれて主演女優としては少し物足りない。
でも凛々しいお顔を拝見できただけでも行って良かった。
ところでこの映画、脚本も深町章が書いてるとあるが深町章ぽくないなーと思って見ていたら「OLの愛汁 ラブジュース」(1999)の脚本家として知られる武田浩介の没脚本を無断盗用したものだとか。深町監督はよく盗作するらしい。もちろん本人は否定しているらしいけど、なんか寂しいね。
映画は全編「学徒出陣」のBGMが流される中、戦後の貴族の黄昏が描かれていて地味ながら格調高き風味の一編。佐々木ユメカ、吉沢明歩と女優陣は豪華。


(2010年10月12日(火)春日井ユニオン劇場 1,500円)
同時上映 「人妻痴情 しとやかな性交」
       「中川准教授の淫びな日々」

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/10/13 02:28】 | 「わ」行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
和服義母 通夜に息子と(旧題「喪服義母 息子であえぐ」)
通夜に息子と   喪服義母 息子であえぐ
1998年 エクセス 製作/サカエ企画
監督/新田栄 脚本/岡輝男 撮影/千葉幸男 照明/高原賢一 録音/シネキャビン 編集/酒井正次
音楽/レインボーサウンド 助監督/竹洞哲也 スチール/佐藤初太郎 現像/東映ラボテック
出演/橘美紀、麻生みゅう、林由美香、中村大輔、久須美欽一、杉本まこと

★ ヒ、ヒロインがあまりにも・・・

河岸の土手にいきなり登場する喪服姿のヒロインの顔がブ・・・いや、好みでなかった。新田栄作品としてはストーリーにいろいろと変化があってラストも結構むちゃくちゃでファンには楽しい作品かもしれないけれど、メインヒロインがあまりにもアレで私には駄目だった。その分途中で出てくるいつもの濡れ場要員としての林由美香がめちゃめちゃキレイに見えた。ほっと一息、地獄に仏を見た気分。


   喪服義母 息子であえぐ喪服義母 息子であえぐ喪服義母 息子であえぐ喪服義母 息子であえぐ

?あらすじ(ネタバレあり)?














(2010年5月13日(木)中村映劇 ネット割引1,000円)
同時上映「夜のタイ語教室 いくまで我慢して」
      「三十路の女将 くわえ泣き」


テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/06/03 00:43】 | 「わ」行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
わいせつ性楽園 おじさまと私
おじさまと私
2009年度ピンク映画大賞 第3位
2009年製作/上映時間:1時間00分/製作:幻想映画社/配給:オーピー映画
監督:友松直之/脚本:大河原ちさと/撮影・照明:飯岡聖英/編集:酒井編集室/録音:シネキャビン
助監督:田辺悠樹/スチール:土屋久美子/現像:東映ラボテック/製作担当:池田勝
出演:水無月レイラ 里見瑤子 山口真里 野上正義 金子弘幸 吉川けんじ 蘭太郎

★★★★ 老人の家に転がり込む風俗嬢

2009年度のピンク大賞第3位なので観た。2位の「老人とラブドール」も同じ監督で同じおじいちゃんをつかっているが、2本とも観ると個人的にこのおじいちゃんの優しげなハードボイルドなキャラが鼻についてしまった。
物語はけっこう悲惨な話なのに暗くならず、印象的にはハッピーエンドにさえ見えてしまうのは凄いことなのかもしれない。ヒロインが本来おじいちゃんとは不釣合いな感じのする美女だがバカっぽい風俗嬢という設定が効いていた。
前半で直接ストーリーに関係のないHシーンで二人の娘が、会社で部下と、ホテルでテニスコーチと、それぞれセックスを交互に映しながら、のんびりした音楽と怪獣映画のような迫力の音楽を使い分けているところが馬鹿馬鹿しくて面白かった。

わいせつ性楽園わいせつ性楽園

?あらすじ?

妻に先立たれて7年、年金生活を送る上野はキャリアウーマンの次女と二人で暮らしていた。
その日、嫁いで行った長女が泊まりに来ることになっていたが不倫のアリバイ作りに実家に帰ることにして実はホテルでテニスコーチとHをしていた。次女も泊り込みで仕事をしつつ部下とオフィスでよがりまくっていた。
上野は一人で過ごすはずだったが、道端で彼氏と痴話喧嘩をしていて殴られそうになったマリカを助け直後、持病のパニック症候群で倒れるマリカを家に連れてきてそのまま一晩泊めることになる。

翌朝、上野がタバコを買いに行っている間に次女が帰ってきた。次女は家に上がりこんでいる若いマリカを見て、老人をたぶらかして財産を狙う性悪と思い追い出す。
上野が戻ってくるとパニック症のクスリが残されていて、クスリを届けるためにマリカを探しに出る。
行き場のないマリカは公園にいた。探しに来てくれた上野に父性を感じ、悲惨な身の上話をあっけらかんと話し始める。

義父に犯され、実母に家を追い出され、寮完備で働けるところは風俗しかなく、でもHは嫌いじゃなかったので苦にはならなかったが、パニック症候群になったり、リスカット常習者になったりしつつ風俗を転々とし、ソープの従業員と暮らし始めるがDVで殴られたり、その友人たちにレイプされたり、となかなかのヘビーな人生。

そんな話をおだやかな表情で聞く上野。そこへDVの彼氏が現れてマリカを無理矢理連れて行こうとする。
引き止める上野に「おまえ、マリカと寝たのか?」とナイフを突きつける彼氏に対し「ああ寝たよ。」と嘘をつき身体を張ってマリカを助ける。戦争を体験した上野にとって彼氏など怖くない。ナイフを腕で受け止めると、それにびびって逃げだす彼氏。
そしてマリカは次の家が見つかるまで上野の家に厄介になることに。
「どうせ彼氏は私が寝たと思っているんだから」と言ってマリカは上野にセックスを求める。そして抱き合う二人。

次のアパートが見つかり上野の家を出て行ったマリカだったが、女の子を助けようとして車にはねられ死んでしまう。
身寄りのないマリカを葬ったのは上野家だった。
上野はマリカを思い出しながら、「嗚呼、また俺は生き残ってしまった。人生、長く生きるのがいいとは限らない。短くても辛く見えてもそれが不幸とも限らない。」そう呟くのだった。

わいせつ性楽園 わいせつ性楽園

(2010年4月13日(火)中村映劇 ネット割引1,000円)
同時上映「色情セレブ妻 秘められた欲望」
      エロマダム 乱れ咲き(旧題「熟年の性 人妻に戯れて」)

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/05/01 02:37】 | 「わ」行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。