FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
令嬢たちの狂乱 ダブル縄祭り(旧題「団鬼六 令嬢縄責め」)
令嬢たちの狂乱 ダブル縄祭り  令嬢たちの狂乱 ダブル縄祭り
1990年 60分 製作:シネマアーク/提供:エクセス SM/調教
監督:小林悟/脚本:片岡修二/撮影:柳田友貴/照明:小野寺透/編集:金子編集室
助監督:青柳一夫/メイク:山岸みどり/スチール:大崎正浩/録音:銀座サウンド/緊縛師:渡縛人
◆キャスト◆
江藤麻美:舞坂ゆい/嶋村圭子:一ノ瀬まみ/江藤倫子:岸加奈子/田沼耕造:坂入正三
野沢俊介:朝田淳史/男A:吉本直人/男B:橋爪哲也/佐伯恭司:工藤正人/江藤誠一郎:港雄一

★★★ 女優は綺麗だけどSMの臨場感なし。

親の因果が子に報い、哀れ倫子と麻美の美人姉妹は果てしない陵辱の世界へと堕ちていく。嗚呼、昨日まで富豪の娘としてなに不自由なく暮らしてきたのに。
ことの起こりは父親が60歳の誕生日の夜に使用人の圭子にまたがって腹上死したことから始まる。
父の遺産は姉妹で折半することに決まったが、遠縁の野沢は借金を抱えヤクザに命を狙われ最終手段でヤクザとともに姉妹に残された遺産を狙っていた。野沢とヤクザは姉妹の屋敷に上がりこみ簡単に姉妹を捕まえヤクザの隠れ家へと連れて行く。隠れ家には先日まで使用人だった圭子が待っていた。圭子は姉妹の父親に弄ばれた末にクビにされたことを恨み姉妹を陥れたのだ。
父はなく、親戚とかつての使用人に裏切られ姉妹は素っ裸で吊るされ、果てしない陵辱の日々へと堕ちていく。嗚呼、このまま成す術も無く遺産も取られ、調教され性奴隷として売られていってしまうのか?


令嬢たちの狂乱 ダブル縄祭り令嬢たちの狂乱 ダブル縄祭り令嬢たちの狂乱 ダブル縄祭り

嗚呼、そのまま調教されてしまうのだった。
何これ?SMの設定なんて美人姉妹を陵辱する言い訳程度でいいのだろうが、どうにも悪人がイイ目を見る話は見ていて気分が悪い。もともとSMや陵辱レイプものは好きじゃないのであまり楽しめなかった。
途中姉妹が逃げ出すくだりもあるが、またまた裏切りで連れ戻され陵辱地獄へ。まあ、なかなか悲惨な話なんだけど、なんか緊張感がない。あまり痛々しいと見てられないが、全体的にただの段取り芝居でおままごとにしか見えないのはどんなものだろう。姉妹は美人でとくに妹なんか細身で巨乳とたまらない身体しているのに目をつむっているだけで苦悶の表情も浮かべず、二人とも「いや、やめて」と棒読みの絶叫するだけで、これでSMの魅力が伝わるのだろうか?
監督の小林悟はピンク映画第一号と言われる「肉体の市場」を監督し、生涯に450本もの映画を監督した伝説の人なので一度その映画を観てみたかったのだが、それなりにキッチリ出来てはいるがなんとも上っ面だけの普通の映画で少々残念。それでも美人さえ出ていれば言うほど文句もないだけどね。
でも、せっかく美人が三人も出ているのだから、見た目だけでなく内面から醸し出すエロスがもっと見たかった。


(2010年10月3日(日)内田橋・南映画劇場 1,500円)
同時上映「牝猫フェロモン 淫猥な唇」
      「ザ・恥毛と縛り」(旧題「剃毛緊縛魔」)
 

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/10/05 00:27】 | 「ら」行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
猟色未亡人 着物のままで(旧題「いんらん家族 好色不倫未亡人」)
猟色未亡人 着物のままで
1997年(2008年旧作改題) 製作・配給:新東宝映画 ミステリー/パロディ
監督・脚本/深町章 撮影/清水正二、大宮八満 照明/多摩三郎 助監督/高田宝重 監督助手/佐藤吏
出演/槇原めぐみ、相沢知美、風見怜香、田口あゆみ、浅倉麗、熊谷孝文、樹かず、池島ゆたか

★★★ 軽いノリの金田一耕助ネタ

96年に公開された当時大人気だった豊川悦司主演の「八つ墓村」に触発されての製作か、金田一ルックに身を包んだ探偵が旧家の殺人事件に挑む本作。ドロドロした愛憎劇ながらライト感覚で登場人物全てのエロシーンを盛り込みながら、案外あっさりと事件の真相に迫る。探偵の助手役の槙原めぐみの豊満なオッパイが印象的だったが決して外さないアラレちゃんメガネがメガネっ娘に興味のない私には邪魔だった。池島ゆたか演ずる老人のメイクがキモすぎた。金田一耕介ルックの探偵が軽すぎた。それくらいが印象に残っただけのピンク映画。エロシーンは多めなので文句は無いが特別好みのタイプもいなかったのが残念。

猟色未亡人 着物のままで猟色未亡人 着物のままで猟色未亡人 着物のままで猟色未亡人 着物のままで猟色未亡人 着物のままで

?あらすじ(ネタバレあり)?

「探偵物語」の松田優作きどりの私立探偵 中川のもとに依頼の手紙が届く。しかし、まずその前に手紙を持ってきた犯罪心理学の学生でオッパイねーちゃんの晶を頂く。手紙の内容は莫大な遺産を残して死んだ旧家の当主・小松大作の秘書 須藤美子からのものだった。美子は小松家の秘密を知りすぎたため命を狙われている、助けに来て欲しいと言う。
Hをし終えた探偵は山梨県の山村にある小松家を訪ねる。遺産相続を巡る旧家の争いごとに金田一ルックで望む探偵。オッパイねーちゃん晶もいかにも助手の出立ちで付いて来る。
しかし既に依頼主は青酸カリを盛られ死んでいた。探偵は前金を頂いているので調査させて欲しいと言うが、実は犯人をつきとめ大金を揺する魂胆だった。
後妻のシズコ、前妻の娘だが大作とは血のつながりのないアケミ、アケミの婿でありながらシズコとも関係しているタモツ、大作を腹上死させた若いお手伝いさんキミコ。それぞれ訳有りの面々が揃う小松家、すでに財産分与は済んだ後だったが実はもう一通「遺書」が存在してたと言う。
その「遺書」を持っていたため美子は殺されたのかもしれない。毒殺されたのに警察に手を回し事故として処理された一件に探偵を差し置いて助手が真相をとうとうと語り始める。
<ネタバレ>
実は手伝いのキミコは美子と大作の子供だった。キミコに遺産を残すため美子は自らが殺される殺人事件をこさえ、キミコの素性を明らかにするため探偵を呼んだのだった。
そして晶が入手したもうひとつの遺書を金で買おうとする遺族たち。
事件を解決して小松家を後にする探偵と晶。キミコに遺書を渡し大金を揺すらなかった晶に探偵は不満顔だったが、礼金として数百万はもらったから、これで結婚資金はできたわと探偵にウインクする晶。そして山梨の空は晴れていた。

(2010年6月16日(水)中村映劇 ネット割引1,000円)
同時上映「女豹の檻 いけにえ乱交」
      「妖女伝説セイレーンX 魔性の誘惑」


テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/06/17 12:25】 | 「ら」行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
令嬢美姉妹・肉の宴(旧題「令嬢姉妹飼育」)
   令嬢美姉妹    令嬢姉妹飼育
2004年(2008年旧作改題) 60分 新東宝 製作/マックス・エー 監禁/レイプ
監督/廣田幹夫  脚本/高木裕治 企画/石井渉・福俵満 撮影/下元哲 助監督/白石和彌
演出助手/井上亮太 撮影助手/海津真也 照明助手/尚部智則 
出演/楠木麻美…河井紀子、楠木詩織…阿当真子(合沢萌)、梶原太…羽村英
    田所弘道…中村美都、安藤正司…もてぎ弘二、稲葉充…山村龍、組員A…紺野智史

★★★  荒削りの犯罪監禁もの

後半から観てしまい後で前半部分を観たら随分印象が違った。主役の男がイイ奴かと思ったら極悪非道の犯罪者だった。ラストから観るとそれなりにハッピーエンドかと思った結末も最初からから観れば不条理な終わり方だった。なんかよくわかんない映画を観た気がした。新東宝の創立40周年記念作品らしいが、それほど気合が入った映画とは思えなかったが二本撮りの続編もあるみたいで一ヵ月後に公開されたとか。ピンク映画って意外と陵辱レイプものって少ないよな、優しい映画が多いよなと思っていたらコレを観てしまった・・・。

令嬢姉妹飼育令嬢姉妹飼育令嬢姉妹飼育令嬢姉妹飼育

?あらすじ(ネタバレあり)?

人里離れた山中の屋敷に執事と住む、楠木家の令嬢姉妹。
姉の麻美(河井)は執事の田所(中村)と男女の仲にあり、処女の妹詩織(阿当)は二人の秘め事を覗き見しながら悶々と過ごしていた。
ある朝、詩織は雪の中にケガをして倒れていた梶原(羽村英)を発見し屋敷内に運ぶ。
得体の知れない男を屋敷内に入れることに反対する麻美だったが詩織は聞き入れない。田所が姉妹を残し町まで買い物に行っている隙に目覚めた梶原は助けてくれた恩をまるっきり無視して姉妹に襲い掛かり、あっという間に拘束する。
「妹は傷つけないで!」と言う麻美の言葉を聞き入れ妹の分も麻美をガンガン犯す。梶原はヤクザの金を奪って逃走中のチンピラだった。
麻美を犯している最中に田所が帰宅し梶原を殴り倒すが、梶原は怪我人とは思えない力で反撃しナイフで田所を刺し殺す。そして死体を始末すると雪に閉ざされた屋敷の支配者となる。
麻美は妹を守るために犯され続けているが、そんな姉を詩織はまた悶々と覗き見する。
奇妙な共同生活がそれなりに平穏に続いたが、梶原を追ってヤクザの兄貴分たちが屋敷にやって来る。
梶原を早々に押さえつけ、美しい姉妹を犯し始めるが、処女の詩織を守ろうと梶原が反撃し兄貴分たちを殺す。
屋敷内に平和が戻ったかに見えたが床に転がったナイフで麻美が梶原に襲い掛かる。しかし梶原は麻美からナイフを奪い返しそのまま麻美を刺し殺してしまう。
そして詩織と一緒に麻美を田所と同じ所に埋葬する。
「お姉さんは田所と一緒になりたかったのよ。」
そう微笑む詩織を梶原は抱き寄せ、二人は結ばれるのだった。


令嬢姉妹飼育

(2010年5月18日(火)中村映劇 ネット割引1,000円)
同時上映「エッチな襦袢 濡れ狂う太もも」
      「不倫女将 濡れた失楽園」(旧題)『いんらん旅館 濡れ濡れ若女将』


テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/06/03 02:43】 | 「ら」行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
老人とラブドール 私が初潮になったとき(DVDタイトル「AI高感度センサー搭載メイドロイド」)
  老人とラブドール   AI高感度センサー搭載メイドロイド
<2009年度ピンクグランプリ第2位>
2008.12.31公開 製作/(有)幻想配給社 提供/エクセス SF/サイバーパンク/老人
[監督]友松直之  [脚本]大河原ちさと [撮影]小山田勝治 [編集]酒井編集室 [特殊造形]織田尚 
[助監督]安達守 [スチール]つちやくみこ [製作]池田勝 [録音]シネキャビン [現像]東映ラボテック
[出演]吉沢明歩、鈴木杏里、里見瑤子、山口真里、野上正義、金子弘幸、如春、藤田浩、亜坊、妹尾公資

★★★★ 先にDVD版を観たら感動は少なめ

なんだか、むやみに評判の高い本作、Vシネで出ていることは知っていたがその後でシネマスコーレで上映されていたので劇場公開されるほどのVシネとはどれほどのものかと100円レンタルで借りて観た。まあまあだった。低予算Vシネの割りに人形作成したりCG使ったり頑張ってる感じがした。吉沢明歩が可愛くて描写は少ないが裸がまぶしかった。今年になってピンク映画として上映されていたと知った。今回改めて劇場で観てみたが成人指定の劇場版よりR-15のDVDの方が5分ほど長くHシーンも多かったような気がする。ラストあんなんだっけ?DVDはメイキングが付いてるらしいが返却期限ぎりぎりで観たので見逃したかもしれない。今度また100円で借りて確認しようかと思う。
2010年4月に続編が公開された。メイドロイドがホストロイドと対決するとか。早く名古屋で上映されると良いのだが。


AI高感度センサー搭載メイドロイドAI高感度センサー搭載メイドロイドAI高感度センサー搭載メイドロイド

?あらすじ?

20XX年、謎のマシーンによるレイプ事件が頻発していた。女刑事が事件を追う。アシモフ三原則に従ってロボットは人間に危害を加えられないはずだが、何故事件は起こるのか?

一方、上野家では老人が一人で暮らしていた。
床の間にはバッテリーが切れて動かなくなったメイドロボット「マリア」がいた。
上野はもう60年もマリアと一緒に暮らしてきた。マリアはメイドロイド開発メーカーに勤める多忙の両親が息子の世話をさせるために連れてきたドジっ娘機能搭載の試作機だった。
中学生のとき両親を事故で亡くしてしまった上野少年はそのままマリアと二人だけで暮らすことを選ぶ。
大人になってマリアにセックス機能を付けようとするが試作機のため付けることが出来なかった。
マリアは新製品にデータを移動させれば良いと提案するが、今のマリアを捨てることは出来ないと上野は拒否する。
結婚を考え、見合いをするがあからさまに財産目当ての性悪女で童貞は捨てれたが逆にこんな女に童貞を奪われたことを後悔しセックスは出来なくてもマリアと生涯を共にする決心を固める。
マリアと共に年を重ねた上野だったが、バッテリーが切れてマリアは機能を停止してしまう。
製造中止となったバッテリーを求めてアキバに通うがなかなか手に入らない。アキバのブローカーは同じタイプの復刻版イブを薦めるが上野にとってはマリアしかなかった。

しかしこのブローカーが薦めるイブはなかなかの優れもので、しかも違法改造された密売品。姿かたちはマリアと一緒だがセックス機能が充実していて愛好家が飛びつく。試乗させてもらい様々な機能を体験。カズノコ天井、ミミズ千匹などに興奮していると不具合が起こりイブ暴走。愛好家は「ちぎれるーっ!」と絶叫。

その頃、女刑事はレイプマシンの正体を知ると言うアキバの生き字引ミスターXに会う。
ミスターXは木製の操り人形ですでに死んでしまったプログラマーが自分の意識をデータ化して移した存在だった。そのミスターXの言うことにゃ、男性用のセクサロイドに対抗して女性用のホストロイドも作られたこと、安価のバター犬ロボットAIBOならぬAIBUが大ヒットしブームを巻き起こしたことなどが語られた。そのブームが去り、女たちに飽きられ不法投棄されたAIBUが野生化し自動販売機の電気を奪うなどが社会問題となった。そして法律によりAIBUは全機廃棄処分されてしまった。
しかし廃棄処分所で自己再生したAIBUがいた。それこそが一連のレイプ事件の犯人だった。
「でもロボットは人間を襲えないはず、何処かで誰かが操作しているのでは?」と女刑事は尋ねるが、ミスターXは言う。
「奴は人など襲ってはいない。欲求不満の女を嗅ぎ分けて奉仕しているだけなのさ。それがレイプ犯として追われる。悲しい事件さ。」
そして女刑事は自ら囮となってAIBUに奉仕させて機能を停止させる。女刑事もAIBUのユーザーだったので切ない気持ちで事件を終わらせた。

その頃、上野はネットオークションでバッテリーを落札。全財産をつぎ込み家も手放さなくてはならない金額だがもう一度マリアと話が出来るなら構わないと思っていた。明日にはバッテリーが届く。その夜、不思議なことが起こる。
「ワタシは青の妖精。あなたの願いを叶えてあげます。」
そんな声が聞こえた。それは幼い頃マリアに何度も読んでもらったピノキオに登場するシーンと同じだった。
上野は妖精の言葉に従いマリアの薬指に指輪をはめ三回くちづけをする。するとロボットのマリアの目から涙が溢れ出た。
「旦那様はマリアをお嫁さんにしてくれるのですか?」
「君さえ、良ければ。」

次の日、上野の家にバッテリーが届けられたが、そこには上野もマリアの姿もなかった。


(2010年5月6日(木)梅田日活「吉沢明歩特集」 ネット割引1,300円)
同時上映「制服の誘惑 優しく抱いて」
      「熱々お姉さん 極太こねまわす(旧題「悩殺若女将 色っぽい腰つき」)

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/05/22 19:34】 | 「ら」行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ロリ色の誘惑 させたがり(DVDタイトル「せつな」)
ロリ色の誘惑  ロリ色の誘惑 させたがり
2005年 60分 シリアス/青春 製作、配給:国映・新東宝 製作協力:Vパラダイス
監督:高原秀和/脚本:永元絵里子 撮影:飯岡聖英 助監督:伊藤一平
出演:綾瀬つむぎ・合沢萌・奈津子・村松恭子・荒川仁彦・那波隆史・小林でび

★★★★ 二回観たら面白かった

途中から観始めたからかタイトルの「ロリ」をヒロインが幼い感じだと思い込んでしまったからか、脱ぐとそのあまりにも豊満で迫力のあるボディにキャラが掴めずのめり込めなかったが、ラストまで観るとちょっと良さげな感じでストーリーを知った上で二回目観るとそれなりにヒロインも魅力的に見えて楽しめた。
ピンク映画のタイトルなんて再上映のたびに変わったりするし一応観るとキーワードは入っているが内容とは別物。ロリとはヒロインが少女時代の自分と向き合い気弱で流されるのではなく強く立ち向かう心に目覚める象徴としての少女性のことだった。
DVDタイトルではヒロインの名前の「せつな」となっているが、これはこれで内容がわからない。
「豊満彼女 走って殴って させ子卒業!」ってな感じだったが私もセンスねーな。

ロリ色の誘惑 させたがり
こんなカラダして気弱なロリキャラって・・・。でも後半は殴る女に!
ロリ色の誘惑 させたがり ロリ色の誘惑 させたがり

?あらすじ?

殴る女の作り方
父は浮気を繰り返し、それに嫌気をさした母は幼いせつなを置いて出て行った。
そんな親を見てきたからか、せつなは物分りの良いイイ子として感情を抑え流されるままに静かに生きてきた。
そんな彼女をみんなは「いいひと」と呼ぶが、文句を言わないことをいいことにバイトでは変な着ぐるみ着せられて踊らされたり、社長に襲われたり、ストーカーに追いかけられたり、恋人はコンドームもなしにセックスしようとしてきたり、それを拒否したら元カノと浮気してきてご丁寧にその報告をしてきたりと、されたい放題。
そんなとき母親がふらりとやって来て「子供の頃のアンタは負けん気が強くて頑固だった。」と思い出話をする。
その日以来、幼き頃のせつなの幻影が現れる。
「わたしはどんな大人になりたかったんだろ?」
そして簡単に「愛している!」と言って迫ってくる男に切れて思わずグーで殴るせつな。
恋人を殴り、ストーカーを殴り、社長を殴り、そして全裸で海岸をわーーーーーっ!!!
でも我に返ってコソコソと服を着る。でもちょっとスッキリ。


(2010年4月21日(水)中村映劇 ネット割引1,000円)
同時上映「祇園エロ慕情 うぶ肌がくねる夜」
      「人妻いんらんな私」」(旧題『いんらん巨乳妻』)

テーマ:ピンク映画 - ジャンル:アダルト

【2010/04/23 13:35】 | 「ら」行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。